NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

コロナ外出自粛やテレワークでDV増加の危険…すでに欧米では深刻化、過度なストレスで

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ外出自粛やテレワークでDV増加の危険…すでに欧米では深刻化、過度なストレスでの画像1
新型ウイルス肺炎が世界で流行 日本国内でも警戒(写真:つのだよしお/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって外出禁止措置が広がっているアメリカで、DV(家庭内暴力)の相談が増えているという報告がある。世界の死者のおよそ7割が集中しているヨーロッパでもDVの増加が深刻な問題になっていると報じられた。

 その背景には、長時間自宅にこもらなければならないストレスがあると考えられる。何しろ、最近の調査によれば、アメリカでは新型コロナのせいですでに職を失った、あるいは勤め先の休業で働けない状態にあると答えた人の割合は全体の23%に上ったのだから。

 しかも、感染拡大を抑制するためには、人の動きと社会活動を制限し、接触自体を減らす「ソーシャル・ディスタンシング」を続けるしかないが、これは必然的に経済活動休止を伴う。そのため、収入激減や失業への不安にさいなまれる。経営者であれば、倒産するのではないかという不安で夜も眠れないかもしれない。

日本でもDV増加の恐れ

 このように欧米では外出制限措置によるストレスと経済的不安によってDVが増加しているわけだが、同様の問題は日本でも起こりうると思う。

 現時点ですでに、夫が勤務先の休業やテレワークで家にいるようになった家庭で、妻の不満の声を聞くことが少なくない。

「家にいるくせに、家事も育児も手伝ってくれない。買い出しにも行ってくれない」

「これまでは夫の食事は週末だけ作ればよかったのに、ずっと家にいるようになったので、三食作らなければならず、しんどい」

 もちろん、夫のほうにも言い分はあるだろう。「家にいるからといって遊んでいるわけではなく、仕事をしているのに、用事を言いつけられる」「妻はずっと家にいるのだから、飯くらい作るのは当たり前なのに、不機嫌な顔をされる」といった声を聞く。

 問題は、夫婦が互いにストレスをため込んでいることだ。ストレス発散のために外出したくても、外出自粛の要請が出ている現状では何となく気が引ける。第一、休業や休館になっているところも少なくなく、出かける先がない。

 ストレスがたまると、どうしても怒りが生まれる。とくに、これまで真面目に働いてきた男性ほど「なぜこんな目に遭わなければならないのか、自分は何も悪いことはしてないのに」と怒りを覚える可能性が高い。

 この怒りをどこにぶつければいいのか? そもそもの原因は、新型コロナウイルスだが、ウイルスに怒りをぶつけるわけにはいかない。また、発生地の中国にも、対応が後手後手に回っている日本政府にも、いくら腹が立っても怒りを直接ぶつけるわけにはいかない。

 だから、怒りの矛先の向きを変え、身近にいる者にぶつけて鬱憤晴らしをするしかない。これは精神分析で「置き換え」と呼ばれるメカニズムだが、この「置き換え」によって今後日本の多くの家庭でDVが増えると考えられる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ