裁判所、職員300人が研修所で集合研修…国のコロナ自粛に逆行し物議、感染発生の懸念の画像1
裁判所職員総合研修所(Wikipedia/nattou)

 3日放送のテレビ番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が、本年度採用された裁判所書記官約300人が和光市の裁判所職員総合研修所で行っている研修を取り上げた。研修生が全国各地から集まり、集団生活を送ることを問題視し、新型コロナウイルス感染症拡大を危惧するような放送内容だったため、インターネット上では物議を醸している。

「裁判所書記官養成課程」は実務研修を含めて4月から来年2月にかけて行われる。その間、合宿や教室内での講義が行われることもあり、集団感染の危険性があるというのだ。番組では、研修に参加予定の男性が匿名で登場。「団体生活なので100人単位で感染すると思う」「家族から命かけてまでいくことかと言われた」「辞めるかも」などとの談話を紹介した。

 一方、研修を統括する最高裁判所は「状況に応じて真摯に必要な対応はするが、現時点では中止しない。書記官養成課程は裁判所組織にとって必要性のたかいもの。仕事そのものとしてのぞんでほしい」との方針を示し、それに対してコメンテーターの玉川徹氏が「首都圏が感染拡大している中で、全国から集まる研修。誰が感染しているかわからないのにズレている」などと指摘した。

 最高裁判所事務局広報課の担当者は当サイトの取材に応じ、今回の放送と感染症対策の方針に関して次のように話す。

「感染の危険性が高まる『密閉』『密集』『密接』の3密にならないように対策を心掛けています。入所時には通勤ラッシュを避けて公共交通機関を利用することを呼びかけました。教室では、換気を充分に行い、従来は1教室で行っていた研修を160人収容の教室4カ所に分散して実施しています。当然、受講生の座席間隔を十分に取っています。また研修所内の入り口、廊下、教室など各場所に消毒液を設置して、こまめな消毒を励行しています。

 研修生ご自身やご家族に発熱などの症状がある場合は休暇を取得することを促しています。自治体や行政の最新の情報を踏まえて、適切な対応を図ります。受講生の健康に留意し、感染防止に細心の注意を払う方針です」

 一般企業がテレワークなどを実施し、大学を含む多くの学校が休校していることを踏まえ、今回の放送に対してTwitter上では次のような声が寄せられている。

「放送された裁判所の書記官研修が同じように和光市にある施設で例年通り行われることに危機感抱いてる研修生からの情報(書記官研修は約三百人で、首都圏の人は毎日電車等で通所とのこと)として取り上げられていました。休校措置とか言ってる傍らで国は何やってるんですかね?」(原文ママ、以下同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ