社長がセクハラ辞任のアースミュージック&エコ、店長が壮絶過酷労働で過労死していたの画像1
「アースミュージック&エコロジー」のFacebookページより

アースミュージック&エコロジー」などを展開するカジュアル衣料大手のストライプインターナショナル(岡山市、非上場)は3月6日、石川康晴社長(49)が辞任した。同氏は、女性社員らへのセクハラ行為があったとして、同社から厳重注意処分を受けていた。辞任の理由は「世間を騒がしているため」としている。

 同日の臨時取締役会で石川氏から辞任の申し出があり、承認された。後任には立花隆央専務(48)が昇格した。石川氏は19年3月から内閣府の男女共同参画会議の議員を務めているが、こちらも3月9日に辞任した。 創業者である石川氏は、株式の40%を保有し、オーナーの立場は変わらない。

 3月5日付朝日新聞は「服飾大手社長がセクハラ」と報じた。非上場会社である同社の社長のセクハラが大きく取り上げられたのは、石川氏が安倍首相の肝煎りでつくられた内閣府男女共同参画会議議員という“公人”であったためだろう。朝日記事によれば、「(石川社長が)複数の女性社員やスタッフへのセクハラ行為をしたとして、2018年12月に同社で臨時査問会が開かれ、厳重注意を受けていたことが分かった」「査問会では、石川氏のセクハラ行為として、15年8月~18年5月にあった4件が報告された」という。

会社側は「セクハラは事実無根」と反論

 石川氏は辞任に先立って、3月5日付で以下のコメント発表している。

<当社臨時査問会が開催されましたが、私、代表取締役社長石川康晴に関してセクシュアル・ハラスメントの事実は認められませんでした。しかしながら、セクシュアル・ハラスメントと誤解を受ける行為や距離の取り方等について、厳重注意を受けました。私としては、このことを真摯に受け止めて反省し、今後適正な業務執行に努める所存です>

 セクハラ疑惑が最初に指摘されたのは、2018年12月13日に行われた同社臨時査問委員会の席上だ。査問会に参加したのは社外取締役3人、社外監査役2人、顧問弁護士1人、石川社長、取締役、疑義を提起した当時の取締役。しかし、被害者の聞き取りは行われなかった。コーポレートガバナンス(企業統治)の強化の役割を担う社外取締役は、石川社長の説明責任を厳しく追及したのだろうか。社外取締役には有名な経済人が名を連ねていた。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)前社長の大西洋氏、ソニーの元最高経営責任者(CEO)の出井伸之氏、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長を退官し、資生堂の元副社長を務めた岩田喜美枝氏の3人だ。株式上場に向け、外部の厳しい目でオーナー企業特有の問題点をあぶり出すはずだった。

 上場企業で、経営トップによる“セクハラ事件”が起きたら、社外取締役は即、解任を求めるだろう。米国では、2018年にインテルのブライアン・クルザニッチCEOが社内恋愛をしていたことで辞任。マクドナルドのスティーブ・イースターブルックCEOが従業員と不適切な関係を持ったことで19年に解任された。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ