Web・ビデオ会議の画面で老け顔に見えるNG行為…キレイに映る2つのポイントの画像1
「gettyimages」より

 緊急事態宣言後、在宅勤務によりオンラインのテレビ会議デビューをした人も多いはず。また、プライベートでオンライン飲み会をした人もいるかもしれません。しかし、画面に映った自分を見て「もっとイケてるとばかり思ってた」とガックリ来た方、いるのではないでしょうか。

 しかし、これは「オンラインの身だしなみ」を知らないだけであり、家にあるものだけで「オンラインのあなた」は「普段のあなた」に近づけます。男性向けスーツ本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)の著者であり、ユニ・チャームなど企業でも服飾コンサルティングを行う筆者が、オンライン身だしなみのポイントを伝えます。

ポイント1「角度はとにかく“上から”」

 オンラインの自分の姿にギョッとしたとき。それは「下から映した状態」であることが多いはずです。鏡で見る自分はもっとイケてたのに、と落ち込まないでください。「下から」映せば、普段より二重あごっぽく見えるわ、ふてぶてしそうだわ、鼻の穴は目立つわ、老けて見えるわと、かなりイケてない状態に誰だってなります。吉沢亮でも広瀬すずでも、きっとそうなります。

 やってみればわかります。自分のスマホのカメラを「自撮りモード」にして、目線より上から下に移動してみましょう。「下から」はヤバい、とすぐわかります。

 スマホやノートパソコン内蔵カメラを使うと、アングルはどうしても「下から、見上げるように」なりがちです。キャバクラのホームページの「キャスト紹介」のページを見てみてください。皆、カメラは上からです。「キレイは上から」です。

 なので、おすすめのカメラ位置は「真正面~真正面から気持ち上」くらいです。あまり上からすぎると「キャスト紹介か」となってしまいます。周りの参加者の動向を見つつ、調整しましょう。

 スマホをカメラにする場合は、固定する台を真正面より下にならないよう高めにセットしましょう。ノートパソコンの内蔵カメラを使う場合は、ノートパソコンを台に乗せるなどして高くしましょう。入力しづらかったら、外付けのキーボードやマウスを使うといいですよ。

ポイント2「メイクより“照明”が大事」

「上から」も重要ですが、オンラインの「映え」において命より大事なのは「照明」です。

 書籍『不安が自信に変わる話し方の教室』(深沢彩子・稲垣麻由美著、三才ブックス)は、動画におけるよりよい映り方や話し方の指南も充実した1冊です。そこで、画面映りをよくするコツとして、深沢氏は「一に照明、二に髪型、三・四はなくて、五にメイク」と説きます。メイクよりも照明なのです。

 照明の効果を、ユーチューバーの実例で紹介します。

 こちらの動画の5分すぎから、撮影用の本格照明(扇風機くらいの大きさがある)を試した、るる氏のビフォーアフターが見られますが、照明の効果やすごさが100の言葉よりも伝わるはずです。(※なお、るる氏の場合、リングライトを購入する前から家にあった卓上照明を代わりに使っていたと話しており、ビフォー時点でもある程度配慮がされた状態です)。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ