NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

緊急事態宣言発令に批判的な木村もりよ氏に、医師の私が賛同する理由

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

緊急事態宣言発令に批判的な木村もりよ氏に、医師の私が賛同する理由の画像1
新型ウイルス肺炎が世界で流行 緊急事態宣言下の埼玉(写真:AFP/アフロ)

 去る4月7日、ついに緊急事態宣言が発令された。小生の行きつけのレストラン、本屋、サウナ等々、皆クローズされている。16日に乗った熱海→東京間のこだま号の車両(定員75名)の乗客は、小生も含めたったの4人のみ。東京駅周辺の道路はいつも大混雑しているのにガラガラ。拾ったタクシーの運転手さんからは「今日2人目のお客さんです。ありがとうございます……」と丁重に礼を言われた。聞けば、宣言が出される前から「土日の外出自粛」要請のせいで「いつもの売り上げの70%減」と嘆いておられた。

 私の住む伊豆半島のホテルは、客数が例年同月に比べ70~80%減のところがほとんどで、ほぼ壊滅状態である。地下鉄に乗ってもガラガラの状態だが、乗っている人はほぼ100%律義にマスクをしている。1人が咳をしようものなら、乗客の視線が瞬時にその人のほうを向く。まさに社会全体が異様な状態だ。このままいくと日本の経済は一体どうなるのか心配である。

 4月8日放送の『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)を観ていたら、ここ数週間テレビに出ずっぱりの「感染症の専門家」と称する医師たちが主張する「密閉、密集、密接を避けるべし」という同じ文句の繰り返しとは異質の出色の解説をしている医師の木村もりよ氏(元厚生労働省医系技官)が出演されており、そのコメントに思わず聞き入ってしまった。

「アメリカやイタリア、スペイン等々の国々に比べて、日本人のコロナウイルスの感染者数や死亡者数は一桁も二桁も少ない。コロナ感染症に対する日本人の医療方策や医療者たちの努力のおかげでうまく抑え込めている。どんな感染症もほとんどの人々が感染しないと血液中に抗体(免疫)ができないのだから、ただ“隔離”をして、抗体(免疫)のない人を増やしても、またいつ感染が再燃するとも限らない。このままいくと日本経済はもたない」

 こうおっしゃって緊急事態宣言にやや疑問の発言をされていた。するとほかのコメンテーターたちが「国民の生命を守るためにこの宣言が出されたのに何を言う」という不審な、あるいは攻撃的な視線を木村氏に送っていた。

リスクの高い人のケアこそ、重要なコロナウイルス肺炎対策

 コロナウイルス感染症に100人が感染すると「80人が無~軽症状」「20人が中~重症化し、そのうち17人は治療すると治癒、亡くなるのは3人」つまり致死率3%の肺炎である。治療薬はないので治療といっても消炎剤や解熱剤、去痰剤を用いて対症療法を施したり、酸素吸入やひどくなると人工呼吸器や人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使って、体調を管理し、患者自身の免疫力で新型コロナ肺炎が治癒するのを待つしかない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ