NEW
山崎将志「AIとノー残業時代の働き方」

上司が休日や深夜のメール送信をやめたら業績が伸びた…部下へのストレスを自覚すべき

文=山崎将志/ビジネスコンサルタント
【この記事のキーワード】

, ,

「Getty Images」より

ダメ上司ほど「帰り際」の部下を呼びとめる

 自分の仕事と人に振る仕事の優先順位を間違えている人がいます。朝から忙しく自分の仕事をこなして、ひと段落付いた夜になって、「あ、あの仕事、○○さんに頼まなきゃ」と思う人です。

「先週の日曜日も上司から電話がかかってきて、会社に呼び出されました」

 そう言って、ため息をついたのは、IT企業に勤める後輩です。彼の会社では、ほとんどの社員が午前10時に出社し、午後8時には会社を出ます。土日は休みです。しかし、その上司だけは、平日は午後出社で、会社を出るのは終電間際。土日も出勤し、何かあると部下に電話をかけ、会社に呼び出すといいます。彼が原因でプロジェクトの進行に支障が出ることもたびたびです。

 上司の判断を仰がなければならない仕事は、上司が出社する午後にならないと動きません。そのせいで残業もしばしばだと言います。

「いつも金曜の深夜にメールで仕事を指示し、提出期限がだいたい月曜日。『不明な点があったら、いつでも連絡ください』とメールにあるけれど、月曜日に提出するには、土日に仕事をしなければならない」と彼は嘆いています。休日の予定をキャンセルしなければならないのはつらいが、上司からの命令には逆らえないと言います。

休日出勤して上司と顔を合わせたくないので、嫌々ながら家で仕事をしてます。そうすると、『例の仕事の件、どうなっている?』と進捗状況を確認する電話がかかってきて、こちらが説明すると、『いや、その方向だとまずい。打ち合わせをしたほうがよさそうだから、今から会社に来い』となる。ホント最悪ですよ!」

 彼によれば、この上司は職務において専門性の高い知識を備え、粘り強く仕事を行う、いわゆる職人型タイプだそうです。しかし、マネジメント力が欠けています。それ以前に、チームの一員としてロールプレイができていません。

 総合的に仕事ができる人は、自分のところで仕事の流れを止めないものです。複数のプロジェクトを並行して進めることができ、そのプロジェクトに関わる人たちの動きを考慮して、スムーズな進行を心掛けます。チームでの仕事では、時間がどのくらいかかり、人とお金がどう関わっていて、それぞれの都合はどうなっているか、時間と人とお金をうまく組み合わせなければなりません。

 しかし、この上司のように、それらを意に介せず、自分の都合を最優先にした仕事しかできない人はいるものです。彼らは指定された期日に納品が間に合わないことも多く、遅刻やドタキャンも目立ちます。自分自身のタイムマネジメントさえできていないのです。

 さすがにこのような上司は、現在の働き方改革の文脈の中では上場企業規模の会社では見られなくなりましたが、外部からの監視が効きづらい中小企業にはまだまだたくさんいます。「こういうコミュニケーションはやめよう」と部下から提案できるような雰囲気もなく、みんながストレスを抱えたままの状態が続いています。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ