NEW
山崎俊輔「発想の逆転でお金に強くなる『お金のトリセツ』」

コロナで大変な今こそ、「家計簿アプリ」で毎月2万円くらい家計を絞れ!

文=山崎俊輔/フィナンシャル・ウィズダム代表
【この記事のキーワード】

, ,

コロナで大変な今こそ、「家計簿アプリ」で毎月2万円くらい家計を絞れ!の画像1
「Getty Images」より

収入が不安定で大変な時期だからこそマネーハックで家計を見直せ

 新型コロナウイルスの影響で今は大変な時期です。収入が大きく減ってしまった人もいるでしょう。あるいは、今はなんとか維持できているが将来が不安という人もたくさんいます。もし「家計の削れるところがどこかわからない」という人がいたら、マネーハックのスキルを活用してみましょう。

 実は先日『大人になったら知っておきたいマネーハック大全』(フォレスト出版)という書籍を出版しました。本連載ほか、いろんなところで書いているお金のノウハウをまとめてみたものですが、今回はその情報を活用しつつ、「家計を見直して、削れる余地を見つける方法」を考えてみましょう。

 活用したいのはフィンテック(金融とITの融合を意味する造語)です。あなたの手元にあるスマホにアプリを入れて、ネットにつなげば、家計を見直す作業のほとんどは自動化させることができます。

 目標は「月2万円」の出費を削ること。苦しい時期こそ、本気で家計の見直しをしてみましょう。

とにかく自動化させる 家計簿アプリがお金の流れを見える化する

コロナで大変な今こそ、「家計簿アプリ」で毎月2万円くらい家計を絞れ!の画像2
『大人になったら知っておきたいマネーハック大全』(山崎俊輔/フォレスト出版)

 家計の現状を「見える化」することが、見直しに必要なステップです。しかし、家計はなかなか見えにくいものです。大きく分けても、現金払い、電子マネー払い、クレジットカード払い、銀行口座の引き落としなど、支払方法はいろいろあるからです。それぞれをきちんとリストにしないと、本当の見える化にはなりません。

 昔なら、「家計簿」を記帳しましょう、ということになりました。レシートを何十枚も集め、手書きでメモをし、電卓で集計します。とても面倒くさい作業です。実際、家計簿を続けられない人のほとんどが、手間ひまがかかることを三日坊主の理由にあげます。

 しかし、今なら自動的に家計を分析するツールがあります。家計簿アプリです。家計簿は、実はフィンテックのおかげでまったく新しいツールになりました。まずアプリをインストールして、モバイルバンキング、クレジットカードのアカウントを登録します。電子マネーやECサイトのアカウントも登録すると、さらにしっかり家計が分析できます。これだけの手続きが終わると、家計簿は自動的に記帳され始めます。

 手入力の必要はありません。銀行引き落としの水道代やクレカから決済されたスマホ料金、ネットの買い物などはデータを自動取得し勝手に記帳されます。騙されたと思ってやってみると、これがおもしろいほど快感です。買い物の流れの半分くらいは、これでもう補足されます。

 自動で記帳されない分については、手持ちのスマホですぐに手入力をするかレシートをカメラ撮影すればOKです。カメラの認識精度はアップしており、正しく入力してくれます。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ