自信を持てば人生が変わる! 「コロンブスの卵」的発想転換で最強の自信を手に入れるの画像1
※画像:『Change The Label 人生を変える「自信」のつくり方』』(サンクチュアリ出版刊)

 夢や目標を達成するためには、「自信」をもつことが大切だと言われる。ただ、この自信が難しいもので、ともするとなくしがちだし、ある日は自信に満ちあふれていたとしても、またある日には不安でいっぱいだったりして、一貫しない。

 自信をなくして、よどんだ気持ちでいるときに、自分を取り戻したい。そんなときに実践したいのが「チェンジ・ザ・ラベル」という方法だ。

■自分で貼ったラベルに現実の性格は影響される

 『Change The Label 人生を変える「自信」のつくり方』(加藤史子著、サンクチュアリ出版刊)では、メンタルトレーナーとしてスポーツ選手からビジネスパーソンまで結果が求められる人々に寄り添い、指導してきた加藤史子氏が、自ら考案し提唱する誰もが簡単に自信をつけられる方法「チェンジ・ザ・ラベル」を紹介されている。

 人間には多かれ少なかれ自己承認欲求がある。これが満たされることで、私たちは自分が認められたと感じ、満足感、充実感をえる。だから私たちは、自己承認が達成されることと自信には深い繋がりがあると考える。

 けれど、本書によると、この考え方は「逆も真」なのだ。人から認められることで自信をえることもできる一方で、先に自分で自分のことを認めているから、人も認めてくれるようになるともいえる。では、どうすれば自分を認めることができるのか。

 加藤氏が提唱する「チェンジ・ザ・ラベル」とは、無意識のうちに自分に貼り付けたラベルを貼り替えることで、最強の自信を手に入れる方法のこと。

 たとえば、自分に「シャイ」というラベルを貼っていると、実際にシャイな人であるという現実をつくってしまう。「人間関係が苦手」というラベルを貼ると、人に会う前から怖さを感じるようになってしまう。

 このように、自分で自分に「どのような人か」というラベルを貼り付けていれば、それに現実の性格も引きずられてしまうのだ。逆に言えば、自分自身への認識が変われば、信じていることが変わり、能力も変わり、行動も変わり、周囲からの見られかたも変わる。

 では、ラベルを貼り替えるにはどうしたらいいのか。「チェンジ・ザ・ラベル」の方法は5つ。

・自分自身にどんなラベルを貼っているのか見つける
・自由にラベルを貼り替えられるとしたら、どんなラベルがいいのかを考える
・自分が怖れていることを書き出す
・怖れていることの代わりに何を望んでいるのかを考える
・望んでいることが実現するようなラベルを考える

 このようにラベルを貼り替えることで、自己肯定感もあげていくことができる。自分が考える「自信がある人」の像をそのまま自分にラベルづけすれば、自分もその方向に変わっていくことができる。人間は短時間では変わらないが、こうした試みを継続していくことで、少しずつ性格は変わっていく。

 意識を変えれば、自ずと行動も変わる。自信をつける方法を身につければ、自分が求める結果を出せるようになるはずだ。
(T・N/新刊J P編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ