NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

新型コロナで保険のオンライン加入が増加…各社商品を徹底比較、選ぶ際の3つの注意点

文=黒田尚子/ファイナンシャルプランナー
新型コロナで保険のオンライン加入が増加…各社商品を徹底比較、選ぶ際の3つの注意点の画像1
「Getty Images」より

 5月上旬、5月6日までの予定だった緊急事態宣言が、すべての都道府県を対象に5月末までに延長された。今後はおおむね1週間ごとに専門家から意見聴取を行い、解除が可能かなどを検討していく見込みというが、3月2日から全国の小中高で休校が始まり、その前後でテレワークを導入する企業も増えた。大人も子どもも、すでに2カ月以上、引きこもりの生活が続いている。ストレスは相当だろうし、通常の生活に戻ることを切実に感じている人が大多数に違いない。

 しかも本来、年度初めとなる4月から5月にかけては、新しいライフステージを迎える人が増える時期だ。進級・進学や就職、引っ越しはもちろん、結婚も春と秋がハイシーズン。それに実は離婚も3月が多い。年度末ギリギリまで配偶者の健康保険に加入でき、子どもがいれば、4月から転入できれば何かと都合が良いのだろう。

 そして、ライフステージに変化が生じた場合、新しく保険に加入したり、見直したりする好機でもある。ところが新型コロナの感染が収まらない今、保険の対面販売ができない状態が続いている。しかし、その一方で、ネットを通じた保険加入者が増えているという。

 今回は、ネットでの保険加入の現状とコロナ禍の現状における保険の加入・見直しのポイントをご紹介したい。

対面販売自粛で、オンラインでの保険相談や申し込みが急増

 保険比較サイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトが4月20日に最新の営業状況を発表した。同社では、新型コロナ感染拡大に伴って、3月18日より「オンライン保険相談サービス」を開始。オンライン生命保険の申し込みとともに急速に利用数が増えているという。

 同サービスは、顧客が自宅のパソコンやスマートフォンなどから、対面せずに保険申込や相談等ができるというもの。4月中旬時点では、一日の総面談数の74.5%が同サービスの予約で占められた。同時に、オンライン生命保険の申込も1月以降右肩上がりで増え、4月度申込件数(一部少額短期保険を含む、主要生保14社の速報値)は、4月中旬時点で、すでに前年同日比336.1%となっている(※1)。

 同じく複数の保険会社の商品を取り扱う乗り合い代理店(保険ショップ)としては、「保険見直し本舗」や「保険クリニック」などもオンライン相談サービスを開始している。

※1「新型コロナウイルス対策及びオンラインを主軸とした当社の営業状況について」(令和2年4月20日)株式会社アドバンスクリエイト

医療保険・死亡保険など、ネット生保の商品も好調

 コロナ禍の状況下において、顧客からの問い合わせや申し込み件数が増加傾向にあるのは、乗り合い代理店だけではない。インターネットを主たるチャネルとする、いわゆるネット専業生保(以下、ネット生保)も好調で、全体的に追い風になっているようだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ