NEW
オタクドクター“Chem”の「医療ニュース、オタク斬り!」

『鬼滅の刃』と医療…鬼舞辻無惨の行為は人類が獲得してきた「創薬」の歴史そのものだった

文=Dr.Chem(アニヲタ医師)
【この記事のキーワード】

, ,

『鬼滅の刃』と医療…鬼舞辻無惨の行為は人類が獲得してきた「創薬」の歴史そのものだったの画像1
医学の歴史は、創薬の歴史でもある。写真左は、講談社より刊行の吾峠呼世晴著『鬼滅の刃』の2020年5月時点での最新巻である第20巻。右は、エスエス製薬製造の「イブA錠」の60錠入り。

 ご無沙汰しております。アニヲタ医師、Dr.Chem(ちぇむ)でございます。

 国内の新型コロナウイルスの新規患者数は減少傾向となり、残されていた1都3県や北海道なども緊急事態宣言もついに解除されたものの、まだ予断を許さない状況が続いております。

 2020年5月18日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)第24号にて、2016年より連載されていた『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴<ごとうげこよはる>)が大団円を迎え、4年3カ月に及ぶ連載が終了しました。大正時代の日本を背景に、人を喰らう鬼と、その鬼を討つべく組織された「鬼殺隊」の戦いを描いた本作は、連載開始当初より高い評価と熱心なファンを得ていましたが、2019年のアニメ化を経て爆発的に大ヒットし、書店で新刊はもちろんのこと、既刊も売り切れで入荷待ちの状況が続いていることが繰り返し報道されています。

 主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)や鬼殺隊の仲間たちと鬼たちとのバトル、アクション、そのなかで織りなされるドラマが大きな魅力ですが、もうひとつの大きな軸に、鬼となってしまった炭治郎の妹、禰豆子(ねずこ)を人間に戻すという目的があります。そのキーパーソンとなるのが、鬼でありながら人の心を持ち、医師として活動しながら「鬼を人間に戻す」薬を開発することに協力する、珠世(たまよ)です。

 作中で炭治郎は、珠世に協力するため、戦って倒した鬼の血液を採取し、提供しています。また、妹の禰豆子の血液も、禰豆子が鬼としては例外的に人を喰らうことなく生きていけること、また後には鬼の弱点である太陽の光すらも自力で克服するといった特殊な性質を持つことから、炭治郎は研究材料として提供しています。

鬼舞辻無惨の行為は、「創薬」の歴史そのもの

 また、本作における「鬼」も、自然発生的に生まれたものではなく、平安時代の医術の延長により偶発的に生まれたものであることが、物語のなかで徐々に明かされていきます。20歳まで生きられないといわれていた貴族の治療のために用いていた薬が、鬼―人の血と肉を食料とし、強靭な肉体を持ちながら、陽の光にあたれば死んでしまう―そのような体質を人の体にもたらしたのでした(第127話「勝利の鳴動」、単行本第15巻収録)。そのような体を手に入れた鬼の始祖であり本作の黒幕である鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)も、自身の弱点である太陽の光を克服するため、当時自分の治療にあたっていた医者が開発していたと目される「青い彼岸花」という薬、その成分を探し求めていました。

 実は、このようにして本編で描かれている「薬」を探し求めるプロセスというのは、細かい成分や効能の説明はさておき、実際の「創薬」つまり、新しい薬が開発されるプロセスをなぞったものとなっているのが、非常に興味深いところです。

 鬼舞辻無惨が目指してきたように、植物などの自然の産物から薬となる成分を取り出し、抽出し、それを薬として用いることは、人類の歴史のなかで、長らく主流の開発方法でした。現在でもいわゆる漢方薬の多くがそうであるように、患者さんの症状に合わせて自然の成分を組み合わせて適切な薬を「調合」することが、医師または薬剤師の仕事の多くを占めていたのです。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ