出光興産、赤字転落…昭和シェルとの経営統合に3年“空費”、構造改革進む海外勢に後れの画像1
出光興産 HP」より

 石油元売り大手3社の2020年3月期決算が出そろった。原油価格の下落で3社とも赤字に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大などによる急激な原油安の影響で、備蓄している原油の在庫の評価損が膨らんだ。3社の在庫評価損の合計は3513億円に達した。

 21年3月期の売上高は上半期(4~9月)は新型コロナの感染拡大でガソリン需要が減少するとして3社とも大幅な減収を見込む。一方、出光興産、コスモエネルギーホールディングス(HD)は在庫評価損が解消、JXTGホールディングスはそれが縮小することから最終損益は黒字に転換する見通し。JXTGHDが400億円、コスモエネルギーHDが145億円、出光は50億円の黒字を見込んでいる。

【大手3社の20年3月期決算と21年3月期の業績予想】

            売上高               純利益

            20年     21年予想   20年   21年予想

JXTGHD      10兆117億円  7兆3400億円 ▲1879億円 400億円

          (▲10.0%) (▲26.7%)  (-)  (-)

出光興産      6兆458億円   3兆9000億円  ▲229億円 50億円

          (36.6%)  (▲35.5%)  (-)  (-)

コスモエネルギーHD 2兆7380億円 2兆400億円   ▲281億円 145億円

          (▲1.2%)  (▲25.5%)  (-)  (-)

(かっこ内は前期比の増減率。▲はマイナス。JXTGHDは国際会計基準。出光興産は19年4月に昭和シェル石油を完全子会社にしたため20年3月期は売上高が大幅増となっている。)

出光が年間配当を60円増の160円とする理由

 出光興産は19年4月、昭和シェル石油と経営統合してから初の決算となった。20年3月期の連結売上高は前期比36.6%増の6兆458億円、営業損益段階で38億円の赤字(19年3月期は1793億円の黒字)、最終損益は229億円の赤字(同814億円の黒字)だった。原油価格の急落で在庫評価損が膨らんだほか、新型コロナウイルスの影響で石油製品の需要が減少した。昭和シェルの前年同期の実績を100%連結した場合の概算値での比較だと、売上高は19年3月期と比較して12.0%減、営業損益は2453億円の赤字となった。

 木藤俊一社長は今後も「ガソリンやジェット燃料の需要減が続く」と厳しい見方を示した。燃料油部門は1094億円の赤字(前期は280億円の黒字)。在庫評価引き下げで891億円の損失を計上し、ガソリン販売の利幅も縮小した。基礎化学品部門の利益は62.5%減の119億円。中国での需要低迷を受けスチレンモノマーなどの採算が悪化した。

 にもかかわらず、年間配当は前期に比べ60円増の160円とした。配当金総額は2.4倍の479億円となった。赤字決算なのに高額配当とはなぜか。創業家と和解した際の合意書に株主還元の大幅強化や出光の商号の維持が盛り込まれたからである。創業家との約束は赤字決算になったからといって反故にするわけにはいかなかったのだ。

 21年3月期の最終損益は50億円の黒字を予想。売上高は20年3月期比35%減の3兆9000億円を見込んでいる。年間配当は「未定」とした。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ