「Macは安全、Windowsは危険」神話はなぜ崩壊?誤解だらけのウイルス最新事情の画像1
「Getty Images」より

 PCをめぐる風説に「MacのほうがWindowsよりウイルスに侵される危険が少ない」というものがあった。しかし近年、こうしたいわゆる“Mac安全神話”が崩壊しつつあるといわれている。

 これはいったいどういった背景によるものなのだろうか、実際MacとWindowsにどれほどの安全性の違いがあるのだろうか。こうした疑問に関してITジャーナリストの山口健太氏に話を聞いた。

コンピュータウイルスはマルウェアの一種

 PCの安全性について語る前にまず、我々のPC生活を脅かすマルウェアについておさらいしておこう。

「マルウェアとは、悪意を持って作られたソフトウェアの総称です。ユーザーに大小さまざまな害を及ぼすものもあります。一般にコンピュータウイルスと呼ばれているものは、マルウェアの一種に当たります。

 コンピュータウイルスは、正常なプログラムの一部に寄生することで本来の動作を妨害したり、自分をコピーさせることで増殖したりする特徴があります。最近ではそのバリエーションが増えてきたこともあり、悪意のあるソフトウェア(malicious software)を略してマルウェア(malware)と呼ぶことが増えています」(山口氏)

 マルウェアには、及ぼす破壊行為のパターンや特性によって多くの種類があるという。

「ワームは、特にネットワークを介して自分のコピーを伝染させていくタイプのマルウェアです。データを盗み出すことを目的としたスパイウェアは、感染したPCに保存された情報やキー入力を許可なく外部に送信しようとします。

 また、悪質なものではランサムウェアがあります。これに感染するとPC内のデータが勝手に暗号化されてしまい、解除するには作者に身代金を支払わなければならないという仕組みです。種類はさまざまですが、どれもユーザーに害をもたらすことに違いはありませんね」(山口氏)

そもそも“Mac安全神話”など最初から存在しない?

 ではズバリ、そうしたマルウェアに対する安全性で、MacとWindowsで差はあるのだろうか。

「Macだから安全、という保証はなく、Windowsと同程度に気をつける必要があると考えています。そのうえで違いを挙げるのであれば、WindowsとMacではソフトウェアの仕組みが異なるため、マルウェアの作者はそれぞれのOSに合わせた形で開発しなければならないという点です。

 ではなぜ、『Macは安全、Windowsは危険』といった風説が流れたのかというと、Windowsの市場シェアが圧倒的に高く、多くのマルウェアがWindows向けに作られてきたことが考えられます。企業を狙うマルウェアは、いまでもWindows向けが大半といわれています。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ