経団連副会長・山内氏の大成建設にリニア談合疑惑…73歳・山内“院政”を続行の画像1
大成建設が建設工事を担当した国立競技場(「Wikipedia」より/江戸村のとくぞう)

 大成建設は相川善郎取締役専務執行役員(62)が社長に昇格する。村田誉之社長(65)は代表権のある副会長に就く。就任は6月24日付。経団連の副会長を務める山内隆司代表取締役会長(73)は続投する。山内会長の“院政”は変わらない。

 大成建設の20年3月期連結決算の売上高は前期比6.1%増の1兆7513億円、営業利益は9.4%増の1677億円、純利益は8.5%増の1220億円と好調だった。20年に開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピック関連や再開発など旺盛な需要に支えられた。

 しかし、21年3月期の業績予想は、新型コロナウイルスの影響で受注が厳しい状況にあることや、建設計画の中止や発注時期の延期、全般的な投資抑制などで単体の受注高は8.9%減の1兆2200億円とした。受注が減っても、すぐに売上と利益の減少に直結するわけではない。タイムラグがあるからだ。それでも、いずれは業績の悪化となって跳ね返ってくる。

 連結ベースの売上高は17.2%減の1兆4500億円を予想。営業利益は51.7%減の810億円、純利益は54.1%減の560億円と半減する見通しだ。「コロナで売上高は約2割下押しされる」とみている。21年3月期を最終年度とする中期経営計画では、売上高1兆8700億円、最終利益1300億円を目標としていた。20年3月期の好業績をテコに目標達成に王手をかけていた。

 ところが、コロナ禍で中期経営計画が水泡に帰した。村田社長は5月13日のオンライン会見で、中期経営計画の目標の達成が困難となったため「執行部門の長としてけじめをつける」と述べた。引責辞任を臭わせたものと受け止められた。

 スーパーゼネコン4社のうち、大成建設と鹿島は21年3月期の業績予想を開示した。鹿島は5月時点で明らかになった影響だけを決算予想に織り込んだ。21年3月期の連結決算の売上高は前期比7.0%減の1兆8700億円、営業利益は15.9%減の1110億円、純利益は22.5%減の800億円を予想している。清水建設と大林組はコロナの影響を合理的に算定できないとして、業績予想の公表を見送った。

 コロナ不況で企業の投資意欲が落ち込み、メーカーやホテルの設備投資が変更になるのではないかと、スーパーゼネコン各社は懸念している。海外でも暗雲がたれ込める。欧米や東南アジアでコロナの感染を防ぐ都市封鎖(ロックダウン)が広がった。海外事業の拡大にも待ったがかかった。見通しを明らかにした大成や鹿島も、業績を下方修正する可能性がある。

相川新社長の父は「三菱重工の天皇」と呼ばれた相川賢太郎氏

 相川氏は経済人一家として名が通る。長崎県出身。1980年、東京大学工学部建築学科を卒業し、大成建設に入社。東京支店建築部長、執行役員九州支店長、常務執行役員建築営業本部長を経て、2020年4月から取締役専務執行役員。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ