ダイエット成功の秘訣は「自分を太らせる生活習慣」を知ること!別腹の誘惑に負けない方法の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの影響による自粛生活やテレワークなどで「コロナ太り」「自粛太り」に悩む人が増えている。そんななか、代謝が落ちる40歳を過ぎてから「運動なし」のダイエットに挑み、リバウンドなしで体重を維持し続けている女性がいる。

40年間おデブだった私がリバウンドなくスッキリ13Kgやせた!! マインドフルネスダイエット』(主婦の友社)の著者で、心理カウンセラーやダイエットインストラクターとして活躍する吉村園子氏だ。

 前編に引き続き、「食後の別腹」の正体など、吉村氏にダイエットを成功させるための考え方について聞いた。

「残さず食べきる」という考え方を捨てる

――ダイエットで失敗しがちな人が今すぐやめたほうがいい生活習慣を2つ挙げるとしたら、なんでしょうか?

吉村園子氏(以下、吉村) まずは、前編でもお話しした「自宅にストック菓子を置くこと」ですね。これは何度でも強調したいです。「あるから、見るから」食べたくなります。家にストック菓子がなければ、買いに行かない限り口に入ることはありません。

 そして、もう一つが「残さず食べきること」です。なんの疑問も持たずに食べきって「食事終了」が染みついている方が多いと思います。「あと一口」をやめて、お腹が満たされているのであれば、残す癖をつけていただきたいです。

――うーん、食べ物を残すなんて、と抵抗があります。

吉村 自分にとっての適量がわかってくれば、最初から必要な量を用意できるようになってきますよ。また、今はテレワークなどで自宅で食べる機会が増えた方も多いと思いますが、自宅なら量の調節もしやすいですよね。

「別腹」の誘惑に負けてしまう3つの理由

――「別腹」という言葉がありますが、食べた後、満腹なはずなのに口寂しさを覚えてデザートを食べたくなってしまうのって、なぜなのでしょうか?

ダイエット成功の秘訣は「自分を太らせる生活習慣」を知ること!別腹の誘惑に負けない方法の画像2
『40年間おデブだった私がリバウンドなくスッキリ13Kgやせた!! マインドフルネスダイエット』(主婦の友社/吉村園子)

吉村 「別腹」の理由は3つあります。まず「食後は甘いものでシメる習慣」ですね。先ほどの「残さず食べる」もそうですが、習慣の力は非常に強いです。最後にデザートを食べることが迷いもなく、疑いもなく、考えもせず、頭も体も当たり前のこととして習慣化されている方も少なくないのではないでしょうか。

「甘いものの習慣」への対処法は、副菜にしっかりと甘い物を入れてしまうことです。私も甘党なので、ダイエット中に甘い物を食べられないとストレスで続かなくなってしまうため、カボチャやさつまいも、豆などを甘煮にして食べていました。デザートでカロリーオーバーするより、しっかり献立に取り入れてしまうことで、罪悪感がなく「ストレスゼロ」で甘いものを食べられます。

 そして、2つ目の理由は「体が足りない栄養素を欲しがっているサイン」です。たとえば、ファストフード、ラーメン、ハンバーガー、カレーは脂質と炭水化物が多く高カロリーですが、一方でビタミンとミネラルは不足しています。カロリーは十分摂取していても「栄養不足」で別腹を欲してしまうのです。対処法は、不足しがちな栄養素、ビタミン、ミネラルを取り入れることですね。

 そして、最後の理由は「そこにあるから食べたくなる」ですね。お腹がいっぱいのはずでも、そこに好物があり、目に入り、においを嗅いでしまえば「食べたい思い」を止められなくなってしまいます。こちらの対処法は、別腹になるようなストック菓子を置かないことに尽きます。

『40年間おデブだった私がリバウンドなくスッキリ13Kgやせた!! マインドフルネスダイエット』 運動ゼロ! ストレスなし! リバウンドなし! おかず8割、ごはん2割で食べる。3食の重要度ランキングをつくる。小麦粉を他の炭水化物に替える。期間、体重、なりたい人、出来事、プラス感情の設定。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事