NEW
上昌広「絶望の医療 希望の医療」

C型肝炎の新薬、講演会等で称賛する医師に年1633万円支払いも…製薬企業から

文=上昌広/特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長
【この記事のキーワード】

, ,

C型肝炎の新薬、講演会等で称賛する医師に年1633万円支払いも…製薬企業からの画像1
サイト「マネーデータベース 『製薬会社と医師』 ~あなたの医者をみつけよう」より

 医療ガバナンス研究所はワセダクロニクルと共同で製薬マネープロジェクトを進めている。2016年度版データベースに引き続き、2017年度版を準備中だ。

 データベース作成および解析を通じて実感するのは、製薬企業と医師の癒着の深刻さだ。最近になって、国会や行政も、この問題に注目するようになった。例えば、昨年11月6日、文部科学省は衆議院厚生労働委員会に提出した資料で、2016年度に製薬企業から1500万円超の収入を得ていた大学関係者29人の名前と金額を明かした。このうち、10人が糖尿病、8人が心臓病・高血圧の専門家だ。生活習慣病が製薬企業と医師の金城湯池になっているのがわかる。

C型肝炎の新薬、講演会等で称賛する医師に年1633万円支払いも…製薬企業からの画像2 私が注目したのは、27位の茶山一彰・広島大学教授の存在だ。専門はC型肝炎である。C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)によって引き起こされる感染症だ。血液感染するため、スクリーニング体制が未整備な頃に輸血や血液製剤、予防接種の回し打ちなどで広まった。現在、C型肝炎の患者は37万人、キャリアー(ウイルスが体内に存在しているが肝炎を発病していない人)は約200万人いる。HCVに感染すると慢性肝炎に進展し、一部が肝臓がんを発症する。2017年に2万7114人が肝臓がんで死亡したが、8割はC型肝炎による。

 従来、C型肝炎の標準治療はPEG(ポリエチレングリコール)化インターフェロンの皮下注射とリバビリンの内服だった。HCVはいくつかの亜型に分かれるが、日本で8割程度を占める1b型には効きにくい。この結果、1年以上治療を続けても、半分程度しかHCVが消えなかった。副作用も問題だ。インターフェロンは全身倦怠感や発熱が必発で、継続できない患者は少なくない。

 新薬が状況を一変させた。開発したのは米ギリアド・サイエンシズ社だ。2015年5月にソバルディ、9月にハーボニーを発売した。ソバルディは2型に有効で、12週間服用すると、既治療例の95%、未治療例の98%でウイルスが消失する。ハーボニーはソバルディとレジパスビルの合剤で、1型にも効く。12週間の服用で、ほぼ全例でウイルスが消える。

ギリアドの販売戦略

 画期的な新薬だが、薬価は高い。ソバルディは1錠6万1799円、ハーボニーは1錠8万171円の薬価がついた。一コースの薬剤費は、約520万円、約670万円だ。この2剤はギリアドに莫大な利益をもたらした。2015、16年にソバルディは2222億円、ハーボニーは4340億円を売り上げた。国内の医療用医薬品の売り上げランキングで、2年連続、ハーボニーは首位だった。

 ギリアドは1987年創業のバイオベンチャーだ。抗ウイルス剤開発が事業の中心で、インフルエンザ治療薬タミフルの特許などを有する。ソバルディ、ハーボニーの開発により、ピーク時の時価総額16兆円の大企業に成長した。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ