NEW
小谷寿美子「薬に殺されないために」

当面、総合感冒薬の服用は避けたほうがよい理由…特にイブプロフェン配合は要注意

文=小谷寿美子/薬剤師
【この記事のキーワード】

, ,

当面、総合感冒薬の服用は避けたほうがよい理由…特にイブプロフェン配合は要注意の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナ肺炎のニュースが連日報道されていた4~5月、風邪で病院に行く患者さんが激減しました。先日、薬剤師の私は薬局で休日当番を担当し「今日は風邪の方が多いと予想されるからがんばろう」と気合十分で臨んだのですが、ふたを開ければ閑古鳥が鳴いていました。今までならば「熱が出た」「のどが痛い」「咳が止まらない」というような患者さんで溢れ返っていたのですが、「病院に行くのが怖い」に変わってしまいました。多くの方は自宅療養のみで治しているということです。

 風邪の原因のうち80~90%はウイルスです。主なウイルスはライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルスです。コロナウイルスはもともと風邪の原因の一つであり、武漢由来の新型が現れる前までは重要視されていませんでした。そして、これらのウイルスに効果のある薬はないため、風邪の患者はつらい症状を薬で抑えながら自分の免疫力で治るのを待つしかありません。症状を抑えるだけなら市販の総合感冒薬でもできますので、わざわざ病院に行かなくても治せるものです。

 原因となるウイルスを検査する方法は、1つ目は咽頭ぬぐい液を検査キットに入れてウイルスがいるか調べるものです。咽頭ぬぐい液は、インフルエンザの検査で使われる、あの綿棒についた液のことです。2つ目は、2週間程度の間隔を空けて血液検査を行い、抗体が増えているかを確認する方法です。しかし、原因となるウイルスを判定するのは難しいことが多く、調べている間に「治っている」ということが多いです。そのため、医師が症状を問診して「風邪です」と診断するのが一般的です。

自宅で風邪を治すための第1ステップは葛根湯

 調子が悪いと感じたときは、仕事を休んで自宅にいるようにしてください。症状にもよりますが、まず飲んでおきたいのが「葛根湯」です。軽い「違和感」程度ですぐ飲むようにしてください。

「葛根湯の普通感冒・インフルエンザ重症化抑制効果を検証するランダム化対照試験」というのがあります。葛根湯群と総合感冒薬群に分けてすべての症状が治るまで「風邪日記」として記録したものを調べた研究です。これによると、重症化した割合は葛根湯群で22.6%、総合感冒薬群で25.0%と両者には有意差は出なかったそうです。

 また、犬でのデータではありますが、体温を上昇させる効果があります。服用後30分から有意に体温が上がり5時間以上持続するそうです。さらに、マクロファージ(免疫細胞の一つ)のウイルスを食べる能力が服用1時間後から有意に上昇し、24時間後でも持続していたそうです。体内に入ったウイルスが少ないうちにこうした作用を発揮してもらえば、それだけ早く治すことができます。そのため違和感がある時点ですぐ飲めるように「常備薬」として持っておくことをお勧めします。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ