コロナ感染のへずまりゅうを山口県知事が猛批判…逮捕に続きウイルス感染を県トップが明言の画像1
山口県岩国市にある観光名所、錦帯橋。7月10日金曜未明にへずまりゅうが訪れていたとされる。(写真はGetty Imagesより)

 首里城公園に設置されたメッセージボードに落書きを行って撤去に追い込むなどの迷惑行為、はじめしゃちょーシバターら有名YouTuberへの粘着行為等々で大きな批判を浴びた“迷惑系”YouTuber・へずまりゅう。5月に愛知県内のスーパーマーケットで未会計の魚の切り身を食べたとして、7月11日に窃盗容疑で同県警に逮捕されていた彼が、再びネガティブな話題で世間に衝撃を与えている。

 7月17日、山口県村岡嗣政知事が、県内で新たに3人の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表。このうち2人は、へずまりゅうを介しての感染が疑われていることを明らかにしたのだ。

「もともと15日に、愛知県警岡崎署に勾留されていた20代の男が新型コロナウイルス陽性となったというニュースが出ていました。その後、同県岡崎市が同日に発表した感染者に関する情報がへずまりゅうと一致しており、本人なのではないかという声がネット上を中心に多く上がっていたのです。

 村岡知事の発表は、このこことを正式に認めたものとなります。村岡知事は新たな感染者2名について、『YouTuberの方でユーザー名“へずまりゅう”氏を介しての感染が疑われる。へずまりゅう氏は7月15日に愛知県岡崎市の保健所で陽性が判明した』とへずまりゅうを名指ししたうえ、自身がコロナに感染している可能性を認識していたにもかかわらずマスクを着けないまま自身が行く場所をSNSで報告し人を集めていたとした上で、『とても信じられない。いったいなんてことをしてくれるんだという思い』とコメント、激怒した様子を見せていましたね」(芸能ライター)

かなりの場所で“濃厚接触”した者がいる可能性も指摘される

 へずまりゅうは、7月11日にライブ配信サービス「TwitCasting」で配信を行っており、そのときにも激しく咳込む一幕が。その際、「コロナ」などと自身が新型コロナウイルスに感染していることを示唆するようなコメントをしていた。こうしたへずまりゅうの“乱行”について、ネット上では、「逮捕といい、どれだけ人に迷惑をかければ気が済むんだ」「どうやったら、こういうやつは反省するんだろう」と、迷惑行為を連発したことに対して呆れる声が多く上がっている。

 さらに、「“迷惑系YouTuber”とか変な立ち位置を与えるから、こういうことをやる奴が出てくるんだ」「こういうのを面白がってるほうにも責任がある」との声もあり、へずまりゅうのようなYouTuberを面白がる層がいることが、こうした騒動に繋がっているとする指摘も。

「また、へずまりゅうがコロナに感染した前後に訪れた場所についても注目が集まっていますね。彼のTwitterなどから、6月末から7月初頭にかけて先日の東京都知事選候補者の応援演説を行ったりしているほか、7月1日には、同日に営業を再開した東京ディズニーランドに行ったことも明らかになっており、かなりの場所で濃厚接触をした人がいるのではないかという疑惑が持ち上がっているのです」(同)

 ネット上では「動画のスーパーにいた人たちは全員ヤバいんじゃないの?」と、窃盗容疑で逮捕されたスーパーでのへずまりゅうとの濃厚接触を危ぶむ声もあるが、こちらは5月に撮影された動画ということもあり、可能性は低いだろう。

 とはいえ、上記以外にも静岡県や広島県へと足を延ばしていたことが発覚したのに加え、今回の山口県・村岡知事の会見では、錦帯橋など山口県内で訪れた場所が複数発表されたへずまりゅう。コロナウイルス感染者を安易にバッシングすべきではないことは論を俟たないが、今回のへずまりゅうのような行為は、さすがに“迷惑系”で済まされてよいものではないのではなかろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ