NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

ALS嘱託殺人容疑の医師、余罪の疑いも…安楽死とは明白に違う、自身を「全能の神」化

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

ALS嘱託殺人容疑の医師、余罪の疑いも…安楽死とは明白に違う、自身を「全能の神」化の画像1
大久保愉一容疑者(経営するクリニックのHPより)

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)に苦しんでいた京都の51歳の女性に多量の睡眠薬を投与し殺害したとして、2人の医師、宮城県仙台市の大久保愉一容疑者と東京都港区の山本直樹容疑者が嘱託殺人の容疑で逮捕された。ある種の睡眠薬には呼吸抑制作用があるので、全身の筋肉が徐々に動かなくなるALSの患者に投与すれば、呼吸停止が起こりうる。

 京都府警は、死亡した女性の症状が安定しており死期が迫っていなかったうえ、2人とも女性の主治医ではなく、女性から山本容疑者の口座に150万円前後が振り込まれていたことから、「安楽死とは考えていない。安楽死か否かを問題にする事案ではない」との見解を示した。私も同感である。

 もちろん、この女性がツイッターでつづっていたALSの苦しさと安楽死が認められない現状に対する複雑な心境を読むと、生き続けることが本当に苦しかったし、つらかったのだろうとは思う。「望まないのにこんな体で無理やり生かされてるのは人権の侵害だと考えます」「屈辱的で惨めな毎日がずっと続く」「安楽死させてください」などと切々と記述しているからだ。

 しかし、だからといって、SNSを通じて知り合った医師がわざわざ京都まで行き、薬物を投与して死亡させることが許されるわけではない。これまで日本で安楽死か否かが問題になった事件では、主治医が患者の苦しみを見るに見かねて、あるいは患者や家族から依頼されてという事例が多かった。今回の事件は、主治医でもない遠方の医師が、わざわざ患者の元に赴き、薬物を投与しているという点で明らかに違う。

ドクターキリコになりたかった?

 なぜ2人の医師がこのような犯罪に手を染めたのか、これから解明していかなければならないが、大久保容疑者については、ドクターキリコになりたかったことが大きいのではないかと思う。

 というのも、大久保容疑者はツイッターで頻繁にドクターキリコに言及しているからだ。ドクターキリコとは、手塚治虫の漫画『ブラックジャック』に登場する、“死神の化身”の異名を持つ銀髪の医師である。作中で、ドクターキリコは死に直面した患者を、法律に触れない方法で安楽死させていく(「文春オンライン」)。

<やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ>(2013年4月10日)

<俺がもし開業するなら、ドクターキリコしかないなといつも思う。自殺幇助になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある>(2014年1月17日)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ