就活に必要なTOEICが受験できない…抽選で7万人落選、受験料前払いで返金2カ月後の画像1
『Getty images』より

 内閣府は17日、2020年4-6月期の実質国内総生産(GDP)速報値を発表した。前期比年率27.8%減で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内外の経済活動が停滞する中、1955年以降の統計で最大の落ち込みとなった。コロナ不況に直面する企業の新年度の新卒採用の見通しは暗く、就職氷河期の再来が強く懸念されている。

 多くの大学生が一つでも採用内定取得に有利な資格をとろうと躍起になっている中で、ビジネス英語の標準規格の一つ英語民間試験「TOEIC」の受験申込が抽選になるという珍事が発生した。つまり、試験を受験する前から選別されてしまったというのだ。

受験倍率4.3倍で試験会場にも行けない

 受験者抽選になったのは一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が主催する「第253回TOEIC Listening & Reading公開テスト」(10月4日実施)。今月5日に受験申込の受付が開始されたが、開始前から受験申込サイトにアクセスが集中して接続が困難になる事象が頻発していた。同協会は「再開の目途が立たない」として受付を一時中止。第252回の受験者募集の際も同様の事例の発生したことから、受験の受付を先着制から抽選制に変更して7日に受付を再開、17日に抽選結果を発表した。

 同協会広報担当者によると、全国の抽選対象者数は約9万9000人、当選者は約2万3000人で当選倍率は4.3倍だったという。その上で同協会は「現在のところ、新型コロナウイルス感染の影響を鑑み、当面の間、抽選方式を継続する予定ですが、今後の申込方式について変更する場合には、改めてご案内させていただきます」としている。

 文部科学省関係者は背景を話す。

「新型コロナウイルス感染症対策のため、試験会場は例年実施より大きく間隔をあける『ソーシャルディスタンス』を確保した座席配置にする必要があります。そのため英検や国連英検、TOEICなど資格検定事業者はどこも会場の確保で苦労しています。会場確保が進まなければ、受験者を削減しなければならず、TOEICの事例のように先着順や抽選で、『受験できる人』を選別しなければなりません。下半期にかけて、例年受験者は増える傾向にあるので、抽選や先着順などの措置を取る事業者が出てもおかしくはない情勢です」

 高校・大学受験にも活用されている漢検(日本漢字能力検定)試験を主催する公益財団法人日本漢字能力検定協会(京都市)も対応に苦慮している。同協会の広報担当者は次のように述べる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ