NEW
柏木​理佳​「経済ニュースからみる生活への影響」

コロナ下でも確実に儲けている企業&個人の“想像もつかない共通点”…“働き方”の概念を破る

文=柏木​理佳​/城西国際大学大学院准教授、生活経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ下でも確実に儲けている企業&個人の“想像もつかない共通点”…“働き方”の概念を破るの画像1
「gettyimages」より

「管理職だから会議のときだけは会社に行くが、リモートワークでも業務はほぼ完全に支障なくできている」と言うのは上場IT企業管理職の野沢拓郎さん(仮名・62歳)です。5カ所の拠点をつないで行う会議は録画され、自動的に議事録も作成されてチャットツールに保存されるので欠席者にも便利。セキュリティ対策のために声だけの電話会談なども利用し、会社訪問したときにはほかの社員たちと積極的にコミュニケーションをとるようにしているといいます。

 東京都の「テレワーク導入率緊急調査結果」(5月)などの調査では、4月はテレワーク利用者が3月より2.6倍近くに増え、調査対象となった社員全体の5割を占めるほどになっています。

 しかし、前出の野沢さんのようなケースだけではありません。自宅で仕事をすると非効率になる人もいるようです。育児や介護、家事などが気になり効率的に仕事がしづらいため、リモートワークは長時間働けない女性にとっては不利だと、国際通貨基金の調査でも指摘されています。

IT系の業界全体が好調という誤解

 効率的にテレワークができる人が増えるよう、ハード面でのサポートも必要です。テレワーク普及で業績が伸びている企業は、IT企業、コスト削減・効率化を実施した企業、対面サービスをネットに移行した企業、EC企業などですが、実は、倒産・失業などの悪影響を最も多く受けたのもIT企業だというアンケート調査結果もあります(ゼネラルリサーチ「新型コロナウイルスによる各業界への影響調査」2020年6月8日~15日)。

 2020年4-6月期のIT、電機大手の決算を見てみると、一部の企業のみ好調です。パソコン需要、スーパーコンピューター富岳などシステムプラットフォームが寄与し、ソフトウエア事業が好調な富士通は採算性も改善し純利益は増加、ソニーも巣ごもりによりゲームが堅調で純利益が50%以上増加しました。

 しかし、NECは海外空港で使用されるディスプレー販売、社会公共事業、自動車機器、空調機販売が低迷、三菱電機とシャープも純利益はマイナスでした。パナソニックは車載機器や飛行機向けの娯楽システム、電気自動車テスラ向け円筒電池が落ち込み、東芝も中国向け半導体製造装置、ハードディスク納入の後れにより苦戦しています。

 システムインテグレーターでは、野村総合研究所がキャッシュレス決済対応、省力化、EC対応のコンサルティング、システム開発などが好調でしたがコロナで海外営業が足を引っ張っています。オービックは中小企業向けのERPが好調です。

 企業では、段階的にリモートアクセスなどの整備、セキュリティ強化、書類の電子化、システムのクラウド化が進み、システム開発や運用、ハイブリッドクラウドなどのシステム開発・運用が進んでいます。データアナリティクス、デジタルエンジニアリング、アプリケーション開発・運営などの需要が高まり、優秀な技術者がいるIT企業では成長するでしょう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ