『麒麟がくる』明智光秀の旧主・土岐頼芸の曽孫は、忠臣蔵で「殿中でござる」と叫ぶアノ男の画像1
愛知県名古屋市の桶狭間古戦場公園内にある今川義元の像。(写真:アフロ)

桶狭間で討ち死にした今川義元の子孫はどうなった?

 新型コロナウィルスの感染拡大により中断していたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の放送が、8月30日より再開される。前回放送分である6月7日放送の第21回は、「決戦!桶狭間」、つまり1560(永禄3)年に起きた桶狭間の合戦だった。

 その桶狭間の合戦で今川義元(『麒麟がくる』では片岡愛之助)が討ち死にした後、今川家はどうなったのか。義元が討ち死にして、今川家が滅んだと誤解されている方も少なからずいらっしゃるようだが、実態はそうではない。

 実は義元は、尾張侵攻に当たって家督を子の氏真に継がせていたのだ。氏真がしっかりした武将であれば、「隠居したオヤジが戦に出て討ち死にした」で終わったんだろうが、周知のごとく、家督継承は見かけの上だけで、実権は義元が握っていた。なので、義元が討ち死にすると、今川家は滅んではいないものの、領国経営が瓦解していく。

 まず、人質として駿府に留め置かれていた松平元康(のちの徳川家康。以下、徳川家康で表記を統一/風間俊介)は、尾張から駿府に帰陣せず、生まれ故郷の岡崎城に戻って今川家の城代を追い出し、そのまま居座ってしまう。家康は織田信長(染谷将太)と小競り合いをしつつ、その陰で信長と同盟を結び、今川家から独立。三河国内を統一すると、あろうことか遠江に侵攻し始める。

 これを見て焦ったのが、武田信玄だ(もちろん今川家も焦ったのだろうが)。

 信玄にとっても、今川領国は魅力的である。一目置いていた義元のアニキ(信玄の姉が義元夫人で、氏真の母親)がいたから手出しできなかったが、凡庸な甥の氏真なら赤子の手をひねるより簡単だろう。ところが、青二才の家康の野郎が、オレでも遠慮しているのに、遠江をかすめ取ろうとはどういう魂胆だ――と思ったに違いない。

 信玄は、今川家との同盟を破棄して駿河に侵攻。事前に今川重臣に内応を打診していたとも伝えられる。あっという間に駿河は占拠され、氏真はほうほうのていで遠江掛川城に逃げ延びた。しかし、遠江は西から家康が侵攻してきているので、掛川城は半年も経たぬうちに家康に攻め落とされてしまう。

 氏真は夫人の実家・小田原北条家に逃れたが、義父・北条氏康が死去すると、義兄・北条氏政は武田家との連携を強めて、氏真は居づらくなってしまう。結局、家康の元に転がり込んだ。

 家康は氏真を対武田軍の最前線にある遠江の城主に抜擢した。まぁ、凡将なので、軍事指揮面では期待できないが、それは有能な副将をつけりゃあいい。遠江では今川ブランドが絶対的なので、地元民衆が武田軍相手に一揆を起こしたり、抵抗して有利になると踏んだのだ。

 実際、ある程度の効果はあったようだが、やっぱり部将としては使い物にならないということになって解任される。部将として、どこそこ城にいたわけではないのでその後の足取りは不明なのだが、京都にいたらしい。家康から近江の野洲(やす)郡に500石を与えられていたので食うには困らなかったし、氏真は風流・文化では一流の人材だったようなので、お公家サンには人気があっただろう。

徳川家光の意向で「日光東照宮」昇格を成し遂げ、今川家は家禄を倍増さる

 氏真の子孫は家康に仕えて幕臣となった。長男・今川範以(のりもち)は早死にしたので、嫡孫・今川直房(なおふさ)が家督を継ぎ、高家として活躍した。赤穂浪士に討たれた吉良上野介義央(きら・こうずけのすけ・よしなか)で有名な、あの高家である。

 高家ではその吉良家がブイブイ言わせていたのだが、吉良家は今川家の本家筋に当たる上、この頃、両家は緊密な婚姻関係を重ねていた。義央の祖父は吉良義弥(よしみつ)というが、義弥の母は直房の叔母、直房の母は義弥の叔母、義弥の妻は直房の妹。つまり、直房と義弥は従兄弟であり、義兄弟なのだ。義弥は直房を引き立ててくれ、直房はそれに応えた。

 実は日光東照宮は当初「東照宮」ではなく、一段低い「東照社」だった。家康の孫・徳川家光は「家康の夢を見たら病気が治った」というくらい祖父を信奉していたので、社から宮に昇格させたいと考え、その命を受けて朝廷工作に走ったのが、今川直房なのだ。

 直房は朝廷と交渉して見事ミッションを成し遂げ、家禄が1000石に倍増。江戸時代における「今川家中興の祖」と呼ばれた。

 子孫は高家として遇されたのだが、幕末の当主・今川範叙(のりのぶ)が明治20年に跡継ぎがないまま死去したため、今川家は本当に滅亡することになった。

『麒麟がくる』明智光秀の旧主・土岐頼芸の曽孫は、忠臣蔵で「殿中でござる」と叫ぶアノ男の画像2
今川家の家系図。吉良家は今川家の本家筋に当たり、両家は緊密な婚姻関係を重ねていた。

関連記事