「モバイルWi-Fiをステンレスボウルに入れて通信改善」は危険?逆に悪化も?の画像1
「Getty Images」より

 テレワーク拡大に伴い、自宅のインターネット環境を見直す人が増えているなか、ある情報がインターネット上で広まっている。自宅でモバイルWi-Fiルーターの接続が悪く、通信速度が遅くなることに悩んだ際、ステンレス製のボウルにWi-Fiルーターを入れると通信速度が改善されるというものだ。このほかにも、無線ルーターも背後の壁にアルミホイルなどの金属を貼ると通信がよくなるという情報もあがっている。

 果たしてルーターに金属を近づけることで通信速度が改善されることがあるのだろうか。そこで、今回はモバイル業界の事情に詳しく、『できるZoom ビデオ会議が使いこなせる本』(インプレス)などの著書があるジャーナリスト・法林岳之氏に、この現象の真偽について聞いた。

金属に反射させることで電波環境の改善は“あり得る”が…

 まず、ステンレス製のボウルにモバイルWi-Fiルーターを入れると電波環境が良くなるというのは事実なのだろうか。

「“条件が整えば、電波環境が改善する可能性がある”とは言えます。モバイルWi-Fiルーターの場合、スマホと同じくモバイルネットワークの電波を受けて、タブレットやパソコンなどの機器にWi-Fiの電波を送信しています。モバイルWi-Fiルーターと、スマホのテザリング機能を使ってほかのデバイスをネットにつなぐのは、同じ仕組みということですね。そのモバイルネットワークの電波にはいろんな周波数がありますが、FMラジオなどと比較するとはるかに高い周波数なので、金属に反射するんです。

 今回の場合は、ボウルの上部から入ってくる電波をパラボラアンテナと同じ要領で取り込んでいます。そうして集まった電波がボウルに反射すると、モバイルWi-Fiルーターのアンテナに電波が集まることになるので、電波環境が良くなることもあるでしょう。

 さらに、モバイルWi-Fiルーターはボディが小さい分、アンテナも小さく感度も抜群に良いわけではありません。ですから、ちょっとした状況の変化でも電波環境が良くなったように感じられるのかもしれません」(法林氏)

 しかし、法林氏はボウルに入れるという行為が、かえって電波の入りを悪くさせる可能性もあると語る。

「金属は電波を遮断しますから、場合によっては、本来入っていた電波がボウルによって遮断されることも考えられます。一般的に無線通信の基地局はビルの屋上といった高いところにあり、そこから噴水が広がるような放物線を描いて電波を発信しています。そうすると、たとえばマンションの3、4階くらいに位置する部屋までなら、やや上や真横ぐらいから電波を取り込むことが多いわけです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ