NEW
辻英之「オレの周りはゲームばかり」

倉持由香が激白、女子ゲーミングチーム運営の難しさと、ゲーム業界の今と未来

文=辻英之
【この記事のキーワード】

, ,

 尻職人の異名をもつグラビアタレントの倉持由香さんは、2019年にプロゲーマーのふ~ど選手と結婚して話題となった。プロゲーマーの妻という一面に加え、倉持さんは女子ゲーミングチームG-STAR Gamingのプロデューサーでもある。

 およそ1年前にプロデューサーとしての活動を開始した倉持さんに、この1年の振り返りから、コロナの影響やオンライン配信の話などを中心にインタビューを実施。新メンバーの情報や結婚生活についても話してもらった。

■倉持由香

倉持由香が激白、女子ゲーミングチーム運営の難しさと、ゲーム業界の今と未来の画像1

千葉県船橋市出身の「尻職人」の異名を取るグラビアタレントで、2019年9月に発足した女子ゲーミングチーム「G-STAR Gaming」のプロデューサー。同年11月にプロゲーマーのふ~ど選手と結婚。自身も根っからのゲーム好きで、ゲーマータレントの一面もある。

・倉持由香ツイッター:@yukakuramoti

・倉持由香インスタ:yukakuramoti

あまりに想定外だったコロナだがリモート収録はスタッフにも好評

――G-STAR Gamingのプロデューサーを1年間やってみて、いかがでしたか?

倉持 どうなるんだろうという不安は大きかったですが、結果として「やってよかった!」と言えますね。象徴的だったのは2019年9月の東京ゲームショウ(以下、TGS)のマウスコンピューターさんのブースで行ったプレス向けのお披露目イベントです。当日の直前まで不安でしたが、50社以上のメディアが集まってくれて、華々しいデビューイベントになりましたし、スポンサーのみなさまにも満足していただけたと思います。実際、ゲーマー仲間からも「オレは○○○ちゃん推し」的なことも報告いただけましたし(笑)。

倉持由香が激白、女子ゲーミングチーム運営の難しさと、ゲーム業界の今と未来の画像2

――想定外だったことはありますか?

倉持 やっぱり、コロナの影響ですかね。2019年9月のTGS以降、イベントを中心に順調に活動していたんですが、今年の3月あたりからはほぼ全部がなくなってしまって……。なので、かなりインパクトは大きかったです。今年はTGSもオンライン開催となってしまって、ゲーマーとしても寂しいですね。

――この1年を振り返って、思い出に残っているイベントや仕事はなんですか?

倉持 最初にお話したお披露目イベントですね。私自身ずっとゲームは好きだったものの、TGSのイベントにお声がけいただくまでの道のりが割と長かったので、「デビューがTGS」というのは大きかったです。しかも、大部分のメンバーは一般の素人の方たちという構成だったので、本人たちよりも私自身がかなり緊張してたのを覚えてます。

 実際、楽屋裏で「笑顔を絶やさずにね!」とか、どの瞬間が撮られているかわからないので気を抜かずにとかアドバイスをしてました。とはいえ、メンバーも緊張したようで、当時の写真を今見ると笑顔が硬いですね(笑)。

倉持由香が激白、女子ゲーミングチーム運営の難しさと、ゲーム業界の今と未来の画像3

 あとは、2019年のハロウィンの日に「ドン勝ハロウィンナイト」というG-tuneさん主催のPUBGのゲームイベントに出演させていただきましたが、これも印象に残ってます。ファンの方々とゲームで一緒に盛り上がれたのはうれしかったですし、コスプレできたのもよかったです。コスプレは好きなんですが、ハロウィンで盛り上がったことがなかったんですよ。陰キャな私は、宅コス(自宅コスプレ)で好きなゲームキャラの衣装を着て、鏡の前で自撮りをしたら終わりという楽しみ方だったので(笑)。今年はオフラインでは難しいと思いますが、オンラインでハロウィンイベントができたらと思ってます!

関連記事