NEW
すぎもとたかよし「サラリーマン自動車ライターのクルマ業界ナナメ斬り!」

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたる

文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター
【この記事のキーワード】

, ,

 

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたるの画像1
トヨタ・新型ハリアー

 新型「ハリアー」の評判がいい。そもそも市場的にSUV人気が継続している上、とにかく「新型ハリアーはスタイリッシュ」と自動車メディアなどで絶賛されている。なるほど、直線基調の無骨な新型「RAV4」と並行開発されたというハリアーのボディは、対照的に流麗で上質なイメージである。

 で、スタイリッシュであること自体はもちろん評価されるべき点だけど、僕がこの新型を見て思ったのは、「これはマツダの『CX-5』じゃないか」というもの。そして「いいとこ取りのトヨタ、健在だな」と。かつてのホンダ「ストリーム」に対する「ウィッシュ」や、日産「エルグランド」に対する「アルファード」など、他社の成功を根こそぎ持って行く、あのトヨタのたくましい商魂だ。

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたるの画像2

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたるの画像3

 ただ、今回は商品企画ではなく、対象がスタイリングに特化しているのが新しい点で、「トヨタの担当デザイナーは、マツダの魂動デザインがやりたかったのか?」と。

 それがもっとも顕著なのはボディサイドの凹面処理で、さすがにハイライトはS字こそ描いてないけれど、いわばC字型を示すかなり近い造形。「魂動デザイン」では光の移ろいを標榜しているけれど、実際ハリアーのプレスリリースには「断面が変化するサイドビュー」とあるし、トヨタのデザイナー自身も「風景の映り込みを意識した」と、ある媒体で語っているのである。

 フロントでも、マツダの「シグネチャーウイング」に対し、同様のモールを施したグリル周りを「シグネチャーランプ」と名付けた。そして、比較的シンプルにまとめたバンパー両端の造形も「魂動デザイン」第2章の発想に近い。近年のトヨタは、この部分をこれでもかと派手な意匠として目立ち度を上げていたので、やはりいきなりな感じである。

 さらに、後方に引っ張ったリアパネルのランプ回りも。ここは、サイドビューでのボディの伸びやかさを表現する手法として、CX-5はもとより、最新の「CX-30」など、マツダでもSUV系で行われている造形だ。

トヨタが巧いのは、単に他社のコピーではないところ

 この「マツダっぽさ」は、実は新型「ヤリス」から感じていた。同車の場合はスタイリングの細かな部分というより、キャビンの大きさをある程度放棄したパッケージングと、その佇まいが現行デミオによく似ているなと。もちろん、そこには「アクア」との棲み分けという戦略があるのは承知しているけれど、それにしてもだ。

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたるの画像4
新型「ヤリス」

関連記事