【完了・早めでお願いします】セ・リーグ新人王争いが白熱!最有力の巨人・戸郷vs広島・森下、意外な共通点とはの画像1
森下暢仁(森下暢仁Instagramより)

 今年の日本プロ野球のセ・リーグ新人王争いは、2人の投手による一騎打ちの様相を呈している。1人は昨年のドラフト1位で広島東洋カープに入団した森下暢仁。そしてもう1人は、一昨年のドラフト6位で読売ジャイアンツに入団した戸郷翔征である。

 森下は最速155キロの伸びのあるストレートと落差のあるカーブ、そして沈むチェンジアップなどを武器に、10月5日現在で7勝3敗、防御率2.42をマーク。

 対する戸郷もスリークォーターのフォームから最速154キロのストレートを投げ込み、そこに切れ味鋭く曲がる2種類のスライダーやスプリットなどの多彩な変化球を交える投球を駆使して、10月5日現在で8勝4敗、防御率2.75という成績を残している。

 この2人はドラ1とドラ6と、入団時の球団からの期待値には大きな差があった。だが、意外な共通点があることをご存じだろうか。彼らはいずれも甲子園で活躍したスターではないのである。そんな2人がプロの世界で新人王を巡って争っているのだ。

 そこで今回は、この2人の高校時代の足跡を辿ってみたいと思う。まずは昨年のドラ1右腕・森下から。

 森下の出身は大分県大分市。13年春の高校進学時に選んだのは、当時、甲子園に春夏合わせて計19回もの出場を誇っていた地元の古豪・大分商であった。入学すると、いきなり1年夏から控え投手兼野手としてベンチ入りメンバーに選ばれるのである。しかも同校は2年生ながらエースナンバーを背負う笠谷俊介(福岡ソフトバンクホークス)の活躍もあり、この年の夏の県予選で16年ぶりの優勝を飾り、甲子園出場も果たした。

 ところが本番の甲子園ではチームは修徳(東東京)の前に2対8で初戦敗退を喫してしまう。森下は背番号11を背負ってベンチ入りしていたが、出番はなく試合は終わってしまったのであった。

 この直後の1年秋に結成された新チームでも主戦投手の座には笠谷が着き、森下は2番手投手として控えることとなる。2本柱の力投もあり、チームは夏に続き秋の県予選でも決勝戦まで進出。杵築との決勝戦で先発登板を果たしたのが森下だった。結果は7回3分の2を投げ、被安打7、失点2という好投をみせたが、味方打線の援護がなく、0対2で敗れて準優勝にとどまった。それでも続く秋の九州大会の切符を手に入れたチームは、その初戦で美里工(沖縄)と激突する。ここはエースの笠谷の登板となり、森下に出番は回ってこなかった。

関連記事