ダイドー×鬼滅の刃の缶コーヒーがバカ売れ…なぜ自販機限定ドリンクが増えているのか?の画像1
ダイドーブレンド×鬼滅の刃 鬼滅缶で Wチャンス!!」より

 人気アニメ『鬼滅の刃』とダイドードリンコがコラボした缶コーヒーが発売され、爆発的な売れ行きを見せている。話題となっているのは「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」「絶品微糖」「絶品カフェオレ」の3商品で、デザインは合計28種類。このうち「絶品微糖」は自販機限定商品のため、希少性とアニメの人気が相乗効果を呼んで盛り上がっている形だ。累計販売本数は、すでに5000万本を突破しているという。

 一方で、実はここ数年、各飲料メーカーが自販機限定の商品に力を入れており、知る人ぞ知るブームとなっていることをご存知だろうか。自動販売機研究家として活動する野村誠氏は、自販機限定ドリンクが増えている理由をこう分析する。

「飲料の自販機の売り上げは、2000年頃をピークに下がり続けていました。そこで、各飲料メーカーは自販機でポイントが獲得できるなどのユニークな取り組みを始めたのです。その一環として自販機限定ドリンクが企画され、5年前くらいから多く出回るようになりました」(野村氏)

 自販機限定ドリンクは大きく宣伝されることが少ないため、たまたま見かけた人がSNSなどに情報をアップし、認知が広がっていく。その“最初のヒット作”となったのが、2015年に発売された「POPメロンソーダ」(サントリー)だ。

 メロンソーダは昔ながらの定番ドリンクでありながら、意外にもコンビニなどでペットボトル商品として見ることがない。それが自販機限定で味わえるということで話題となり、一時は売り切れも続出するほどのヒット商品となった。

ダイドー×鬼滅の刃の缶コーヒーがバカ売れ…なぜ自販機限定ドリンクが増えているのか?の画像2

「この『POPメロンソーダ』のヒットで、各社が自販機専用商品に力を入れるようになりました。やはり、こんな商品が売ってるんだ、という意外性が重視されているようです」(同)

 中でも気を吐いていたのが、前述したコラボの「鬼滅缶」を生み出したダイドードリンコだ。

「ダイドードリンコは自販機での売り上げが大半を占めています。そのため、専用商品も多く開発されているだけでなく、自販機そのものもポイントがたまる機種や、最近は新型コロナ対策として手で触れなくても買える機種を開発するなど、並々ならぬ熱量を注いでいるのです」(同)

 そんなダイドーの自販機限定商品の代表が「ミスティオコーラ」だ。コーラといえば「コカ・コーラ」と「ペプシコーラ」という2大巨頭の存在があまりにも大きく、小売店などでも3番手以降は置いてすらもらえないというが、自販機なら別。この「ミスティオコーラ」は、いかにもコーラらしい、ちょっとなつかしめの甘さに加え、炭酸の強度を高めているので爽快感も十分。一度飲めばクセになると評判だ。

ダイドー×鬼滅の刃の缶コーヒーがバカ売れ…なぜ自販機限定ドリンクが増えているのか?の画像3

あの人気ドリンクにも自販機限定商品が

 また、自販機専売品には、既存の人気ブランドの「スペシャルフレーバー」も数多い。いくつか紹介しよう。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合