NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

レジ袋有料化、タバコ&第三のビール値上げ…2020年“家計直撃”の出費増の数々、来年は?

文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, , , ,
レジ袋有料化、タバコ&第三のビール値上げ…2020年家計直撃の出費増の数々、来年は?の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナ禍に揺れた2020年も、もうすぐ終わる。思えば、スタートにあっては東京オリンピック・パラリンピック特需への期待に沸き、当時の安倍政権は歴代最長となるのが確実で、あわや自民党総裁4期目も? との声もあったほどだ。それが、まさか、こんな年末になるとは。

 コロナを恨んでも仕方ないが、振り返ってみると、それに追い打ちをかけるような政策が粛々と、見直されることなく実行されてきたのも事実だ。決まった以上、見直しも後戻りもあり得ないのがこの国の得意芸とはいえ、庶民の生活にはダブルにもトリプルにもダメージとなった。

 年の瀬にはあちこちで「今年を振り返る」企画が行われるが、家計にとってどんなプラスとマイナスがあったのか、今年の振り返りをしてみよう。

キャッシュレス・ポイント還元はあっさり終了

 まず、2019年から実施されていた「キャッシュレス・ポイント還元」事業が6月末で終了した。キャッシュレスで支払った金額の最大5%を還元する施策で、もともとは消費税10%へ引き上げのダメージを緩和するためのもの。しかし、コロナ禍のせいで、この時期の消費の落ち込みは“10%だと買い物しなくなるね”なんてかわいいレベルではなく、もし経済を回したいのなら、なぜ延期しなかったのか。

 特に、人やモノとの接触を避けてオンラインでの買い物が増えたり現金を避ける心理が浸透しつつあったのに、そこでキャッシュレス決済還元をあっさりやめてしまうとは。もし、5%の還元があれば、そのぶん生活費が浮くというのに。

 5000円まで付与してあげるマイナポイント事業が控えているからいいじゃないかと考えたのかもしれないが、マイナンバーカード取得から始まる還元制度より、今手元にあるカードを使える制度を延ばした方が簡単に見えるが。なんなら特別定額給付金の10万円を振り込む代わりに、この制度を流用してポイントで配れば早かったし、有効期限をつければ必ず使ったのではと思う。

レジ袋有料化でなぜか紙袋も有料に

 これまた7月1日から実施と決まっていたのが「レジ袋有料化」だ。それに先立って、大手流通では4月から有料化が始まっていた。この制度も、そもそもはオリンピック・パラリンピックで来日する外国人客に「日本も脱プラに前向きに取り組んでいますよ」アピールをしたくて7月実施と決めたようなもの。オリ・パラが延期になり、外国人は入国すらできず、アピールの必要もなくなったのに、有料化だけは粛々と実行された。

 うっかりエコバッグを忘れると、そこでレジ袋代が発生する。レギュラーサイズなら2~3円だが、大サイズになると5円取られることも。洋服を買っても袋代を取られるのが痛い。食材と違って、通常サイズのエコバッグには入らないからだ。

 本来は対象外のはずの紙袋も、なぜか有料化されている。先日、カバンを買ったとき、それを入れる紙袋を10円で買うかと問われ、さすがに捨てるだけなのにと断った。そのため、もともと持っていたリュックに加えて、新品のカバンを一緒に抱えるはめになったのも情けない。

『定年後でもちゃっかり増えるお金術』 まだ間に合う!! どうすればいいか、具体的に知りたい人へ。貧乏老後にならないために、人生後半からはストレスはためずにお金は貯める。定年前から始めたい定年後だから始められる賢い貯蓄術のヒント。 amazon_associate_logo.jpg