五代目山健組「信賞必罰」と絆會「常在戦場」…神戸山口組離脱の両組織が組指針を同日発表の画像1
去年は高山組事務所(写真)で納会を開催した六代目山口組だが、今年は見送られ可能性が強いとみられる

 これまで六代目山口組では、毎年12月13日に行われる事始め式、もしくは納会で、来年度の組指針が発表されてきた。それは山口組分裂後も変わることなく、過去には六代目山口組と神戸山口組、そして任侠山口組(現・絆會)が、同日に組指針を発表したこともあった。しかし今年は、特定抗争指定暴力団に指定された六代目山口組と神戸山口組に対する当局の取り締まり強化や、神戸山口組から主要勢力が度重なり離脱したことなどで、年末の会合が同時に開催されることはなかった。

 だが、そうした状況下にありながら、12月13日に納会を開催させ、組指針を発表した団体が存在する。当サイトで既報した通り、五代目山健組と絆會だ(参考記事「山口組『事始め式』今年はどうなった?」)。

 「現在、両組織がどういう関係性にあるかはわからない。ただ、現時点で、血で血を争うような抗争に発展するような緊張関係にあるわけではないようだ。友好関係ではないものの、両組織とも、神戸山口組の運営方針に不信感を募らせ、同組を離脱したという点は共通している」(業界関係者)

 神戸山口組の井上邦雄組長率いる四代目山健組で、最高幹部を歴任した中田浩司組長は、山健組の五代目を継承したのち、獄中から井上組長のやり方に不審感を抱いたことが、今年夏の脱退につながったとみられている。それは、山健組の副組長まで務めたのち、2017年に離脱した絆會・織田絆誠会長も同様だ。その両組織が、六代目山口組や神戸山口組に先立ち、同じ日に来年度の組指針を発表させたようなのだ。

 「13日に行われた納会では、空席となっていた若頭と舎弟頭を誕生させ、組織固めに入ったと見られる五代目山健組の指針は、過去に山口組でも使われてきた『信賞必罰』と見られています。意味は文字通り、功績のある者には、その報いとなる賞を与え、逆に組織の意向に背けば、厳格に罰していくというもの。また、絆會の指針は『常在戦場』ではないかといわれています。これは、常に戦場にいる心構えで事に当たれ、という意味となるでしょう」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト)

 組指針だけを見れば、両組織ともに今後も渡世で戦い抜く姿勢を貫こうとしていることが見てとれる。ただ、現時点では、両組織とも他の組織との抗争関係はなく、特定の組織を敵視しているのかどうかも判然としていない。

 一方、六代目山口組サイドは、同じ山口組の名称と菱の代紋を掲げ続けている神戸山口組を壊滅させるために、今も武力を行使し続けているし、対する神戸山口組もそれに抗う構えを見せている。さらに、あの六代目山口組系組織では、依然として、神戸山口組系組員の切り崩しを活発に進めているというのだ。

 「目覚ましいスピードで拡大している三代目弘道会野内組で名誉職にある権太会の勢いがさらに増しています。最近も、神戸山口組系健竜会の傘下組織で要職に就いてきた人物が加入したと聞いている。その前にも、信州の勢力が加わったようだ。移籍報告書が出回っていないだけで、権太会は以前にも増して、組織を拡大させ続けているのではないか」(地元関係者)

 そうした中で、六代目山口組の組指針は、今年も『和親合一』となったのではないかと関係者らは口にしている。ただ神戸山口組の組指針は、すでに発表されているかもしれないのだが、現時点において、外部に漏れ伝わってはいないようだ。
(文=山口組問題特別取材班)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合