コロナ禍のタクシードライバーはつらいよ…「窓、閉めろ!」と怒号、マスクなしの元感染者の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの第3波が到来し、全国の感染者数と重症者数が過去最多を更新していることもあり、東京都内の人出は格段に減っている。人出が減るとダメージを受けるのがタクシー業界であり、ボーナス特需が見込める師走にも関わらず、多くのドライバーが売り上げ減に頭を抱えている。

 感染を防ぐため、タクシー業界は「マスクを着けていない客の乗車拒否」を可能としたが、今はワンメーターの乗客でもありがたく、乗車拒否などできないほど売り上げは厳しい。

 とはいえ、不特定多数の乗客と接するタクシー運転手は、新型コロナに感染する可能性が比較的高い業種といえる。そこで、感染の恐怖と戦うタクシー運転手の声を集めてみた。

「寒いよ!」と換気させてくれない若者

「先週の土曜日に嫌な思いをしました」と語るのは、東京・錦糸町を走る50歳のドライバーだ。

「住吉駅まで、という客を乗せました。すぐ近くで料金は420円です。それはかまわないのですが、乗った直後に『寒いよ、窓を閉めろ!』と命令口調で言ってくるんです。カチンときましたが、『すいません、換気を良くするため仕方ないんです』と言っても『客が寒いって言ってるんだから閉めろ、ボケ!』と。この野郎、という気持ちを抑え、渋々窓を閉めました。若い客に言われて反論できない自分が情けなくなりましたよ」

 寒さが増してきた12月。時速60キロほどで走るタクシーだけに、窓の開け閉めをめぐるトラブルは増えそうだ。

 また、他のドライバーからはこんな話も聞こえてきた。

「多くの会社は後部座席と運転席の間にパーテーションやビニールシートを設置していますが、うちの会社は通常のままです。私のように持病を持っている運転手が『ビニールシートを置いてくれ』と言っても、会社は動いてくれません。というのも、うちはローカル(中央区や千代田区、港区、新宿区などのオフィス街や高級住宅街ではない区域)で、社長は『客との触れ合いを大切にしろ』と言っています。そのため、運転席の後ろに装着する防犯板さえないんですが、コロナは別ですよね。何といっても、ウイルスは姿が見えないんですから……。しまいには『そんなにパーテーションをしたいなら、よその会社へ行け』と言われてしまいました」

 乗客のみならず、タクシー運転手には会社とのトラブルも存在するようだ。

マスクなしの酔客が「陽性だった」と告白

「コロナに感染した客を乗せた」というドライバーの話も聞いてみよう。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合