NEW

不具合多発「COCOA」、パーソルが3億円で開発受注→1.6億円分を再委託?多重下請け

文・構成=菅谷仁/編集部、協力=新田ヒカル/スマホ評論家
不具合多発「COCOA」、パーソルが3億円で開発受注→1.6億円分を再委託?多重下請けの画像1
COCOA(Google Playより)

 新型コロナウイルス対策として厚生労働省が昨年6月から提供を開始した接触確認アプリCOCOAの不具合が先月末ごろから、次々に発覚している。一連の経緯は当サイトでも、1月30日、記事『接触確認アプリ「COCOA」で不具合続出…なぜ厚労省アプリは質が悪い?国民にも問題』で詳報した。SNS上では今月に入り、このアプリが「そもそもどのように発注され、開発されていたのか」に関して検証が進んでいる。

不可解な開発体制と事業費の行方

 改めて注目を集めているのが、昨年9月14日にハンドル名「むぐら」氏が文章公開サイト「note」上にアップした記事『厚労省から接触確認アプリCOCOAの情報開示』だ。むぐら氏は厚生労働省に対して、情報開示請求を実施。その結果、以下のような事実が判明したのだという。以下、引用する。

<今回の開示請求では、政府テックチームや有識者会議の議事録等のほかに、2つの契約書が開示されました。ひとつが厚労省とパーソルプロセス&テクノロジー(以下パーソルP&T)が結んだ「変更契約書」。もうひとつが「再委託変更申請書」です。

 どういった経緯なのかは今回の開示文書からはわかりませんが、とにかく厚労省は4月23日付で「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム設計・開発及び運用・保守一式」という名目で、パーソルP&Tと契約を締結しています。

(追記:こちらの4/23付け原契約はHER-SYSであることが後日判明しております。以下、そのおつもりでご覧ください。→参照記事)

 それを5月27日、金額変更します。「1億9988万9147円」→「2億9448万9147円」。1億円近くのアップです。どちらも、2億は超えたくない、3億は超えたくない、というスーパー特売価格のような絶妙の価格設定。

と同時に、おそらく原契約でパーソルP&Tが再委託として指定していた株式会社FIXERに加えて、さらに4社を再委託、再々委託企業として変更申請しています。

結果として、2億9448万円のゆくえはおおよそ、こうなりました。

株式会社FIXER 1億2062万円

株式会社エムティーアイ 1615万円(うち396万500円が再々委託2社へ)

日本マイクロソフト 2201万2000円

残りがパーソルP&Tの取り分とすると、1億3570万円

 この再委託変更申請書には、プロジェクトの履行体制図なども含まれていますので、何が起きたのかわかるかた、ぜひ教えてください(2回め)>(原文ママ)

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合