接触確認アプリ「COCOA」で不具合続出…なぜ厚労省アプリは質が悪い?国民にも問題の画像1
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」

 新型コロナウイルス対策として厚生労働省が昨年6月から提供している接触確認アプリ『COCOA』で、深刻な不具合が続発している。

 本来、アプリをインストールしていれば、新型コロナの陽性者と「おおむね1m以内の距離で15分以上の近接した場合」に通知が来る仕組みだが、なぜか情報が勝手に初期化され、陽性者と濃厚接触している人に対しても通知されない不具合が確認されている。厚労省は、この不具合を確認しており、早期に改善すると発表している。

 実は、このCOCOAについては、提供当初からさまざまな不具合が報告されている。急拡大する新型コロナ対策として、見切り発車だった感はあるにせよ、あまりにもお粗末なバグが少なくない。たとえば、陽性者との接触を知らせるプッシュ通知を受け、アプリを開いてみると接触が確認されないといった不具合があり、昨年9月にアップデートされたが、その後も同様の不具合が続いた。逆に、何度も陽性者と濃厚接触があり、それぞれにCOCOAをインストールしていたにもかかわらず、アプリ上では接触が確認されないという事例もある。

 COCOAで感染拡大を防ぐことはできないにしても、厚労省肝入りのアプリとして開発され、大臣が国民に対してインストールを呼びかけるなど、政府を挙げて推進してきた事業としては稚拙すぎないだろうか。

 また、厚労省が提供しているアプリはほかにも、『EMIS(広域災害・救急医療情報システム)』『ねんきん情報アプリ』があるが、いずれも評判はすこぶる悪い。たとえば『ねんきん情報アプリ』は、年金に関する情報を短い漫画で説明するだけで、詳細を調べようとすると厚労省などのHPに飛ぶなど、特別な機能はほとんどない。「今どき、子供でも作れるレベルで、アプリとして配布する必要性を感じない」など、インストールした人たちからは酷評されている。

 なぜ、厚労省のアプリは質が悪いのだろうか。スマホ評論家の新田ヒカル氏は、問題点は大きく2つあるという。

「まず、国に対する監視の力が弱いということが挙げられます。監視には国民の目とメディアがありますが、国民の国への監視はシビアではないですし、メディアも報道の自由度が低く、発信力は強くありません。

 また、戦後間もない頃の官僚は能力が高かったものの、高度成長期以降の官僚は保身に走り、新しいものを生み出す力が低くなっています。国民としても、“お上”に頼るメンタリティが染みつき、自分たちで問題解決を図ることができなくなっているのではないかと思います。

 そうして役所の仕事は効率やスピードが求められないため、質の高い製品を生み出さなくてはならないという危機感も持たないまま開発が進むという悪循環になっているのではないでしょうか。特にそれはITの分野で顕著に表れています」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合