池上彰氏、テレビで誤った解説?自民党内から批判…「トランプは中国の人権問題に無関心」の画像1
『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)公式サイトより

 米ドナルド・トランプ前大統領は「人権」に興味があったのか、それともなかったのか――。1月30日放送のニュース解説番組『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)の一コマで、司会のジャーナリスト・池上彰氏が行った解説が、一部の国会議員から猛反発を受けている。池上氏が番組で新疆ウイグル自治区や香港の民主化デモに関し、トランプ氏が「人権問題に関心がなかった」などという趣旨の発言をしたことに対し、「事実と違う」などと指摘が上がったのだ。

自民・和田政宗氏「池上氏はキャスター失格」

 同日の放送では、共和党のトランプ氏から民主党のジョー・バイデン大統領への政権交代に関し、池上氏が解説していた。その発言内容に対し、自民党参議院議員の和田政宗氏(比例、元内閣府政務官・元党広報本部副本部長)がかみついたのだ。和田氏は2日、提言型ニュースサイト『BLOGOS』上に記事『池上彰氏が全く事実に反する発言 降板すべきでは?』を投稿し、次のように池上氏を糾弾している。以下、引用する。

<様々な方が「酷かった」と指摘しているので、「池上彰のニュースそうだったのか!!」(1月30日放送・テレビ朝日)の録画を見たが、番組内で池上氏は周知の事実について、全く事実に反する発言を行っており、キャスターとしてもジャーナリストとしても完全に失格。

 自ら降板すべきではないか。

 池上氏は番組内で、

『例えば、新疆ウイグル自治区の、あそこの多くの住民が強制収容所に入れられてるとか、香港の民主化運動の人たちが次々に捕まっているという、ああいう問題に関してトランプ大統領は、これまで何も言ってきませんでしたからね。全然、人権問題に関心がなかったわけですね。ところがバイデン大統領、あるいは民主党というのは人権問題を重視するので・・・』

と述べたが、

 トランプ大統領は繰り返しウイグル問題、香港問題において人権を守るために強い姿勢を示してきた。

 テレビ朝日は、あまりにキャスターとして無知であり、もし知っていたなら事実に反する「嘘」を発言したキャスターをこのまま起用し続けるのだろうか?>(原文ママ)

 和田氏の前職はNHKのアナウンサーだ。マスコミの裏側を知っていることもあり、各社の報道内容に関してインターネット上で批判を展開することもしばしばだ。またテレビ朝日系列の各番組に対しては鋭い舌鋒で知られ、そうした姿勢は当サイトでも昨年5月18日公開の記事『和田政宗議員、『モーニングショー』自民党“3密”会議報道に誤報だと猛反論…真相は?』で取り上げた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合