三井住友銀行の「闇の歴史」をすべて知る巽・元頭取が死去…“磯田天皇”追放劇の真相の画像1
三井住友銀行(写真=編集部)

 旧住友銀行(現三井住友銀行)の頭取を務めた巽外夫(たつみ・そとお)氏が1月31日、老衰のため死去した。97歳だった。葬儀は近親者で執り行った。後日「お別れの会」を開く予定。喪主は長男の文夫氏。

 巽外夫は1987年からバブル崩壊後の93年まで頭取を務めた。在任中に中堅商社イトマン(旧伊藤萬)を舞台にした不正経理事件が発覚した。イトマンという1部上場企業に闇の勢力が巣くい、フィクサーと呼ばれた人物が勢ぞろいした事件である。あろうことか、住友銀行の経営トップで“天皇”と呼ばれていた磯田一郎が事件に関与していた。

「住銀・イトマン事件」は、3000億円(一説には6000億円)が闇に消えた戦後最大の経済事件であり、いまだに解決していない部分が多く残っている。事件の出発点は住友銀行による平和相互銀行の買収であった。住友銀行を関西の銀行から東京を拠点とする名実ともにトップバンクにするが、“磯田天皇”の悲願であった。住銀が「大阪の銀行」といわれることに我慢がならなかった。

 すでに会長になっていた磯田が目をつけたのが、首都圏に100近い店舗を構える平和相互銀行だった。磯田の密命を帯びて、イトマン社長、というより住銀元常務の河村良彦は平和相銀獲りに動く。河村は住銀常務から船場の老舗問屋、伊藤萬(のちのイトマン)の再建社長として送り込まれた。河村は磯田の汚れ仕事を請け負う裏カードだった。イトマンについた仇名は「住銀のタン壺」。これが、住銀・イトマン事件を引き起こす人的背景の本線である。

住銀・イトマン事件

 1986年10月1日、住銀は平和相銀を吸収合併した。河村は磯田の「平和相銀買収計画」を外部に気取られずに進めるため、裏カードの役割を完璧にやり遂げた。やがて、磯田と河村の間に隙間風が吹く。河村はイトマン社長の在任期間が10年を超え、住銀内部からもワンマンの弊害を指摘されるようになる。河村は磯田に「そろそろ会長に退いたらどうか」と促された。この時は突っぱねたが、退任勧告を受けるのは確実の情勢となっていた。

 河村は対策を立てた。業績不振による引責辞任という口実を与えないようにするため、見せかけの好決算をつくり上げた。厚化粧したのである。それと同時に、個人的にもイトマンの株式を取得して発言権を確保することに努めた。そのため、“地上げ屋”の伊藤寿永光(本人は“地上げ屋”と言われることを極端に嫌っていたらしい)を不動産担当の常務に迎え入れた。伊藤のイトマン入りが起爆装置となり、住銀・イトマン事件が火を噴くこととなる。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合