NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

森会長辞任、日本で報じられないIOCからの感謝…「五輪歴史の中で最も十分な準備」

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
森会長辞任、日本で報じられないIOCからの感謝…「五輪歴史の中で最も十分な準備」の画像1
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の公式サイトより

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会森喜朗会長が辞任したあとも、後任について「密室での決定」などと批判が続出し、いまだに次期会長就任のめどが立たないようだ。

 海外メディアも森会長辞任を速報するなど、強い関心を示している。今回の騒動では、森氏の発言撤回の段階で、国際オリンピック委員会(IOC)や日本政府も幕引きを考えていたとみられるが、海外から森氏非難の声が高まるにつれて、辞任は不可避となっていったように見える。

 来年2月の北京冬季五輪のホスト国である中国は、習近平国家主席が大会会場を視察し関係者を激励するなど、国家を挙げて着々と準備を進めているなかということもあり、日本での一連の騒動に耳目をそばだてていたのではないか。

 中国の華僑向け通信社「中国新聞社」は森氏の一連の発言を紹介した上で、「スポンサー企業やアスリート、ボランティアから強い不満や批判の声が出ていた」と報道。中国国営中央テレビ局(CCTV)も「(森氏の)不適切な発言が世論の批判を招いた。日本の世論調査で6割が森氏は職にふさわしくないと答えている」と伝えた。国営新華社通信も「組織委員会にとって、発言後の圧力を和らげるには森氏の辞任が唯一の選択肢だった」と論評。森氏が国内外のスポンサー企業や内外のアスリート、さらに日本国民からも信頼を失い、日本政府も森氏の会長辞任を食い止めることができなかったと結論付けている。

私が直接知る森氏の人物像

 筆者はジャーナリスト活動を通じて森氏を取材したこともある。それどころか、森氏は私よりも20歳年長なのだが、私は中学生の頃から知っており、身近に感じてきた。なぜならば、森氏の郷里である石川県能美郡根上町(平成の大合併で、根上町などの能美郡の大半は現在の石川県能美市に編入)に私は高校卒業時まで住んでいたからだ。

 私が森氏を初めて見たのは、森氏が1969年12月の衆院選で初当選したあと、根上町の武道館で開かれた自民党福田派の代議士グループの演説会だった。「おらが町の代議士」ということもあって、多くの聴衆が押しかけて、会場に入りきれず立ち見も出るなど超満員の大盛況だった。

 当時の私は14歳で、田舎の中学生だったこともあって、世間のことは何もわからないなかで、森氏について「偉いもんだ。私も将来、代議士になりたいものだ」などと不遜にも思ったものだ。「ではどうしたら、代議士になれるのか」と考えた。ごく一般的に、「良い大学を出て、中央官庁に入ってキャリアを積んで、選挙に出て代議士になる」ということくらいしか思いつかなった。「では、今はどうすればよいのか」と考えると、「勉強して、良い高校に入って、良い大学に入る」くらいしか、わからなかった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合