タピオカの次はアパレルでヒット!仕掛け人が明かす「成功の法則」の画像1
※画像:『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』(フォレスト出版刊)

 どんなブームにも「火つけ人」や「仕掛け人」がいる。


 2018年から2019年にかけての空前のタピオカブームは記憶に新しいが、そのきっかけとなったのが、タピオカティー発祥である台湾の国民的人気カフェブランド「春水堂人文茶館」(以下、春水堂)の日本進出である。


 また、「服が売れない時代」と言われ、苦境が続くアパレル業界で際立ったヒットとなったのが「スーツに見える作業着」だ。「スーツ」と「作業着」というまったく別の装いの間の境界を取り払った斬新さは大きな話題を呼んでいる。


「タピオカ」と「アパレル」。


 この全く異なる分野での2つのヒットを仕掛けたのは、実は同一人物だということはあまり知られていない。


 『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』(フォレスト出版刊)の著者でオアシスライフスタイルグループ代表取締役CEOの関谷有三氏は『令和のヒットメーカー』と呼ばれる。


 当初海外進出する気がまったくなかった春水堂を口説き落とし、アパレル業界でも新機軸を打ち出した。特筆すべきは、関谷氏は飲食業もアパレル業も未経験の“素人”だったことだ。その関谷氏の成功への道のり、そして成功術を余すことなく氏の熱い言葉で綴った本書。新たなことをはじめたい、一歩を踏み出したい人にぜひオススメしたい。

 

■「悩む」と「考える」は天と地ほど違う


 熱意と戦略、そして圧倒的な行動力。


 本書からは、これらの離れ業をやってのけた氏のビジネス観と哲学、そしてそのルーツが見えてくる。


 たとえば何かに悩んだ時、人は足が止まってしまう。行こうか戻ろうか、悩んだら前に出ろ、それどころか”ぶっこむ”というのが関谷氏のポリシーだ。


 なぜなら、「悩む」というのは、答えの出ないことにたいして悶々とするだけの行為。うじうじしているくらいなら、失敗しても行動してみたほうがいい。「悩む」と「考える」は天と地ほど違うのだ。生産的なことをするために考えるのはOK。しかし、いたずらに悩んで時間を費やすのはNGだ。

 

■「うさぎと亀」本当はどっちが勝つのか?


 童話「うさぎと亀」では、足の早いうさぎは亀をバカにして、途中油断をして昼寝をしてしまう。そしてコツコツ歩き続ける亀に最後負けてしまう。うさぎは図に乗り油断してしまった訳だ。地道に続けることの大切さを説いた話だ。しかしだ、世の中の仕事ができる人は大体が“怠けないうさぎ”。そして、世の中の多くの人は“怠ける亀”。


 “怠けないうさぎ”には、どんなに頑張っても亀は絶対に勝つことはできない。にもかかわらず実際の社会では亀のほうが怠け、愚痴を言い、仕事に真剣に向き合っていないケースがほとんどだ。“怠ける亀”にチャンスや幸運は一生巡ってこない。まずは、仕事に集中できる環境づくりや、仕事を面白いと前向きに解釈することが大切。どのような状況、業務においても、視点や捉え方を変えることでどんな事でも面白いと思えるものだ。

 

■「素直な人は伸びる」って結局はどんな人?


 ビジネスとして、そして人として、成長していくための必須要素として語られるのが「素直さ」だ。素直さと聞いて、どんなことが思い浮かぶだろうか。人の言うことを素直に聞いたり、わからないことはためらわず質問ができたり、人格的にクセがなかったり……。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合