菅野智之や中村剛也も…惜しくもセンバツ出場ならず、甲子園と無縁だった有名プロ選手たちの画像1
「photo AC」より

 2年ぶりに開催され、連日熱戦が続く春の選抜高等学校野球大会(通称:センバツ)。この夢の舞台からは、これまで数多くのプロ野球選手たちが巣立っていった。

 だが、その裏で、不運にも出場を逃した有名選手も少なくない。今回はのちにプロの舞台で大活躍するも、センバツとは無縁だった球児たちを紹介しよう。

菅野智之(読売ジャイアンツ)

 まずは今や“日本最強のエース”ともいえる菅野智之(読売ジャイアンツ)である。その母校は、神奈川県内きっての強豪校・東海大学付属相模高校。実は2年生時の2006年のセンバツにチームは出場しているのだが、このとき菅野はベンチ入りメンバーから漏れていた。同年秋の県大会も準決勝で桐光学園に6-7で惜敗し、関東大会進出を逃している。

内海哲也(埼玉西武ライオンズ)

 かつて読売の左腕エースとして投手陣の屋台骨を支え続け、18年オフにFAの人的補償として埼玉西武ライオンズに移籍した内海哲也は、まさに“悲運の好投手”ともいえる。

 北陸の強豪・敦賀気比高校(福井)出身で、自身がエースだった09年の2年生秋。チームは県大会と続く北信越大会も圧勝したことから、翌年のセンバツ北陸地区代表に選ばれた。最速143キロの本格派左腕・内海を擁し、優勝候補の一角に数えられるほどだった。

 ところが、大会開幕を目前に控えた3月上旬に、事態が急転する。なんと同じ2年生のチームメートが飲酒のうえ乗用車を無免許で運転し、追突事故まで起こしてしまったのだ。                    当然、出場辞退である。

 だが、その無念から内海は立ち上がり、必勝を期して最後の夏に挑んだ。順調に決勝戦まで勝ち上がり、あと1勝と迫ったが、そこに立ちはだかったのは名門・福井商だった。2-2で突入した延長10回表に決勝の1点を奪われ、悲願の甲子園出場は果たせなかった。

黒田博樹(元広島東洋カープなど)

 不祥事が原因でセンバツに出場できなかった選手といえば、元メジャーリーガーの黒田博樹(元・広島東洋カープなど)もそうである。

 大阪の強豪・上宮高校で2年生だった1991年秋。黒田は速球には威力があったが、制球難のため3番手の控え投手に甘んじていた。事実、チームが優勝した同年秋の府大会では1試合も登板していない。