NEW

やっぱりドコモ「ahamo」に移行しない“理由がない”…家族割なしでもお釣りがくる

文=加藤純平/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

やっぱりドコモ「ahamo」に移行しない理由がない…家族割なしでもお釣りがくるの画像1
NTTドコモ「ahamo」のHPより

 NTTドコモが提供する新料金プラン「ahamo」が3月26日からついにスタートした。「低価格プラン」と謳われるだけあり、本当にお得かどうか気になっている人も多いだろう。「6割以上のスマホユーザーがahamoなどの新料金プランに乗り換えない」という調査もあった(3月12日付マイナビニュース記事『ahamoなどの新料金、「乗り換えない」が6割超 全国4万人調査』)。

 だが、結論からいえば、多くの人にとってahamoはオススメだ。特に、すでにドコモのプランを契約している人は乗り換えたほうがお得。筆者も事前エントリーをすぐに済ませ、サービス開始を指をくわえて待っていた。

 では、なぜahamoはお得なのか。ahamoを従来のプランと比べながら見ていこう。

既存プランに比べて圧倒的にお得

 まずahamoの訴求ポイントは以下のようになっている。

(1)データ容量:月20GB

(2)国内通話料金:5分無料

(3)海外ローミング:月20GBまで無料

(4)料金:月2970円(税込み/以下同)

 しかも、回線は5Gにも対応している。同じような条件をahamo以外のドコモの既存プランで実現しようとすると、この価格では極めて難しくなる。5Gにも対応し、データ容量が20GBとなると、比較対象になるのは「5Gギガライト」か「5Gギガホ」になるだろう。

 5Gギガライトの場合、上限の7GBを使用した場合、6765円になる。「ドコモ光割」などの割引サービスを駆使しても4378円だ。データ容量が無制限になる5Gギガホの場合には、基本料金は8415円。割引サービスをフル活用しても最初の6カ月は4928円、7カ月目以降は6028円となる。

 ちなみに、筆者が利用している「ウルトラデータLパック」(新規受付終了)はデータ容量が20GBだが、6600円。しかも5G回線は使えない。既存のプランとahamoを単純に比較できないが、データ容量を見ると十分お得であることがわかる。

 毎月のデータ使用量が多い人には微妙かもしれない。ただし、「毎月のデータ容量は20GB以下」の人はahamoに乗り換えたほうがお得だ。また、自宅にWi-Fi環境がある人や、職場で自由にWi-Fiが使える場合には、アプリのアップデートや動画配信サービスのダウンロードなどを事前に済ませておけば、データ容量の消費を抑えることができる。

 さて、ここでお伝えしたギガホなどの料金は、ahamoでいう(1)データ容量20GBの部分に当たる。つまり、既存のプランでは、ここに「通話プラン」も追加しないといけない。ahamoの「(2)国内通話料金5分無料」の条件は、一般のプランでいうところの「カケホーダイライトプラン」に当たる。料金は1870円だ。通話プランだけで1870円と考えると、データ容量20GBと5分の通話無料が付属しているahamoがいかにお得かわかるだろう。

 また、(3)の海外ローミングも、一般のプランで使用すると追加料金がかかるもの。この海外ローミング20GBは、国内利用分の20GBと合わせたものになるので注意が必要だが、主な観光スポットや一定規模の都市にはWi-Fiが用意されている。また、海外でガッツリとデータ通信を使うなら現地でSIMカードを購入したりすればいいので、そこまで気にするものではないだろう。「オマケ」として(3)が付いていると思えば、十分お得だ。

低価格とはいえ「安かろう悪かろう」ではない

 さて、我々は「低価格」といわれると「安かろう悪かろう」というイメージも持ってしまう。携帯電話のプランでいえば、「回線がショボい」とか「通信が遅い」といったところだろうか。たしかに、「格安SIM」と呼ばれるサービスは、そうであった。道路にたとえるとわかりやすいが、格安SIMの“道路”(回線)は、車線が少ない。すると、混雑する時間帯には“渋滞”しやすくなる。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合