NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

住宅ローン、不動産会社の“言いなり”は危険…安心の固定金利型は信用組合や住専も狙い目

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

住宅ローン、不動産会社の“言いなり”は危険…安心の固定金利型は信用組合や住専も狙い目の画像1
「Getty Images」より

 住宅ローンには3つの金利タイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。それを十分に理解しないで利用すると、あとで「こんなはずではなかった」ということになりかねません。そうならないためには、不動産会社の誘導に流されるのではなく、自分で方針を決めて選択しなければなりません。

住宅ローンには3つの金利タイプがある

 住宅ローンには、変動金利型固定期間選択型、全期間固定金利型の3つの金利タイプがあります。変動金利型は借入後の金利変動に応じて適用金利や返済額が変わるローン。ネット専用銀行では0.3%台から利用できるなど、金利の低さが最大のメリットですが、借入後に市中の金利が上がるとローンの適用金利も上昇、返済額が増えるリスクがあります。5年後には最大25%まで増える可能性があるのです。

 固定期間選択型は2年、3年、5年、10年などの固定特約期間中は金利が固定していますが、その特約期間終了後には、その時点の金利で再び固定期間選択型にするか、変動金利型に切り替えるかを選択できます。固定特約期間が短いタイプは変動金利型並みの低金利ですが、長くなるとやや高くなります。

 全期間固定金利型は、借入時の金利が完済するまで確定しています。したがって、借入後に市中の金利が上がっても適用金利は変わらず、返済額も不変です。完済までの返済額が決まっているので計画を立てやすく、リスクもないのですが、その分金利はやや高めになっています。

業者は相手におかまいなしに変動金利型を勧める

 住宅ローンを利用するときには、3つの金利タイプのメリット・デメリットを十分に理解して、自分たちはどの金利タイプがいいのかをシッカリと決めておく必要があります。何も決めないで不動産会社に相談すると、ほぼ間違いなく変動金利型のローンを勧めてきます。金利が低く、返済負担が軽くすむので、変動金利型を利用すれば買いやすくみえるからにほかなりません。金利上昇によるリスクがあることを十分に説明しないままに、「この資金計画であれば、あなたの年収なら楽勝ですよ」などと勧めてくるわけです。

 不動産会社にすれば、ローンを組んで物件を買ってもらえばそれでOK。購入後にお客がどうなろうと知ったことではありません。どんなお客であれ、おかまいなしに変動金利型を勧めてきます。一定の年収があって、返済額が増えても十分な対応力があるのならいいのですが、ギリギリの返済計画だと、金利上昇即ローン破綻ということになりかねません。まだ、年収がさほどでないのであれば、より堅実な資金計画にするのが安心です。

購入前の希望段階では変動金利型は少数派

 では、みなさんどの金利タイプを利用しているのでしょうか。

 住宅ローン利用前の段階では、必ずしも変動金利型の利用者が多いわけではありません。図表1にあるように、希望段階では変動金利型は37.4%で、固定期間選択型と全期間固定金利型の合計62.6%より少ないのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合