NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事に

文=木村誠/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事にの画像1
「gettyimages」より

 大学生の年代を含む15歳~20代の死亡原因の第1位は依然として自殺となっており、特に20代は死亡原因の約半分を占めている。また、大学生の自殺数が減少していない。

 その点について、藤本昌さん(全国大学生協共済生活協同組合連合会・全国大学メンタルヘルス学会個人会員)は、次のように指摘する。

「身体の不調、言葉や態度に垣間みられる、自殺につながるSOSサインを見逃してはならない。簡単なことではないが、日頃からそう意識しておくこと自体が重要だ。大学生協では、全国大学メンタルヘルス学会・日本学生相談学会等でつながる方にご協力いただき、学生とともに『体と心の両方をサポート!健康チェック・メンタルヘルスの活動』を実施している。コロナ禍の今こそ、つながり合い、語り合い、助け合おう! という学生自身の強い気持ちが根底にある。

 すべての学生を孤立させずに、今いる場所で必要な人とつながることが『最強の自殺予防策』といえる。ぜひ、コロナ禍の学生を対象として実施された、全国大学生活協同組合連合会の2020年調査・2021年3月公表の『第56回学生生活実態調査』も併せてご覧いただきたい。『自殺予防のヒント』が隠れている、と考えるからだ」

 この調査結果なども踏まえて、大学生の悩みや生活の不安、それに起因する自殺の問題について考えてみたい。

大学1年生に多い「友達がいない悩み」

 大学生の悩みについては、表1「日常生活の中で日頃悩んでいることや気にかかっていること」(第56回学生生活実態調査)を見てみよう。

女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事にの画像2

「友達ができない(いない)・対人関係がうまくいかないこと」を気にかけているのは17.3%(前年比+6.0ポイント)。1年生34.5%(同+20.3ポイント)、2年生13.6%(同+0.8ポイント)、3年生10.1%(同+0.4ポイント)、4年生6.9%(同-1.0ポイント)と、特に1年生の増加率が大きい。対面授業が減り、オンライン授業中心でキャンパスに行けないことが主な理由と考えられる。

「就職のこと」は42.7%(同+6.0ポイント)。1年生31.8%(同+3.6ポイント)、2年生47.4%(同+8.9ポイント)、3年生61.4%(同+8.5ポイント)、4年生32.0%(同+2.9ポイント)と、やはり企業の採用人数の大幅減少を懸念してか、2・3年生で特に増加している。

 また、「生きがいなどが見つからないこと」は23.5%(同+1.7ポイント)で、自宅生24.4%(同+2.9ポイント)、下宿生22.6%(同+1.1ポイント)となっている。

「サークル等の活動のこと」は14.7%(同+2.4ポイント)で、1年生21.8%(同+5.9ポイント)、2年生17.1%(同+0.5ポイント)、3年生11.9%(同+1.7ポイント)、4年生5.4%(同-0.1ポイント)と、やはり1年生の増加率が大きい。友人関係と同じような悩みといってよいだろう。

 悩んでいることを相談する相手が「いる」は81.7%、「いない」が18.3%となっている。最も相談しやすい相手は「友人」39.7%、「親」25.8%で、「友人」は前年から2.1ポイント減、「親」は4.6ポイント増となっている。このような悩みは直接自殺の動機になるものではないが、それが積み重なって心の病に発展し、自殺という取り返しのつかない事態を引き起こすこともあり得る。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合