NEW

大人っぽくなった天才女流“中学生”棋士・仲邑菫、52年ぶり快挙…最年少で二段昇段

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

大人っぽくなった天才女流“中学生”棋士・仲邑菫、52年ぶり快挙…最年少で二段昇段の画像1
初優勝した仲邑菫二段

 この春から中学生となる囲碁の仲邑菫二段(12)が小学校卒業直前、プロ入り後初めて優勝し、少し大人っぽくなった笑顔を見せてくれた。

 優勝したのは3月23日から始まった「女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦」。公式戦ではないが、日本棋院が年少から順に女流プロ8人を選んでのトーナメントだった。仲邑は大須賀聖良(せいら)初段(17)を下し、準決勝で本田真理子初段(16)を下して最終日24日の決勝に勝ち上がった。「白」を持った仲邑は上野梨紗初段(14)を259手目に六目半で下し、賞金である50万円を獲得した。

 勝利の後、「昨日はぐっすり眠れたので落ち着いて打てました、中盤まではよかったけど、終盤がよくなかった」「勝てるとは思っていなかったので嬉しい」などと笑みを見せた。敗れた上野は「最後は残念でしたが2局勝ててよかった。悔しいというより内容がよくなかった」などと話した。今大会で上野は仲邑の次に年少だった。

 この日の対局について記者室で映像を見守っていた蘇耀国九段は「全体的には仲邑二段がいい流れでした。終盤、コウ(劫・お互いが碁石一子を取り合う形が無限に繰り返される形。一子を取られた対局者は次の石をほかの場所に打たなくてはならないなどのルールがある)になったあたりでもつれ、上野初段に逆転のチャンスがありましたが、上野さんがもう一歩踏み込まなかったこともあって、仲邑さんがものにしましたね」と解説してくれた。

 今回は仲邑に軍配が上がったが、上野と仲邑はいい勝負をしており、永くライバルになりそうだ。

大人っぽくなった天才女流“中学生”棋士・仲邑菫、52年ぶり快挙…最年少で二段昇段の画像2
仲邑のライバル上野梨紗初段

谷亮子との共通点

 早生まれで3月2日に12歳になったばかりの仲邑は、これに先立つ3月15日、東京で行われた「阿含・桐山杯・全日本早碁オープン戦」の予選で松原大成六段(48)に勝利して二段昇段を決めた。12歳0カ月での二段昇段は、あのレジェンド、趙治勲名誉名人(64)の最年少記録(12歳3カ月)を52年ぶりに破る快挙だった。二段昇段の条件は、プロ入り(初段)の後に女流棋戦を除外した公式棋戦で通算30勝という規定があり、仲邑はこれをクリアしたのだ。

 これもあって筆者は「二段になって、初段の時とは違うような自信を持って臨めましたか?」と気負って質問したが、仲邑は「変わらないです」とそっけなかった。会見で必死に仲邑から言葉を引き出そうとする報道陣相手に対して、以前に比べれば少しは話してくれるようになった。以前は何を質問されても「ひたすら沈黙」で記者たちも難儀していた。

 とはいえ、今も敗北すると沈黙する。昨年10月、「ドコモ杯女流棋聖戦」で仲邑は、女流名人5期など数々のタイトルを獲得してきた大御所の青木喜久代八段(52)に挑戦した。大熱戦となったが敗れ、4強に進めなかった。終局後の会見では押し黙ったまま悔しさをにじませ、ほとんど語らなかったという。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合