ニトリ、無印、アイリスオーヤマ…コスパ抜群のテレワーク用品&ベストな組み合わせを検証の画像1
「gettyimages」より

 政府が1回目の緊急事態宣言を出してから1年が経過したが、いまだに新型コロナウイルスの感染拡大は終息しそうにない。それどころか、変異株が流行を見せるなど、状況はより悪化している。

 この状況下で、改めて「テレワーク」を求められているビジネスパーソンも多いだろう。終日の在宅勤務をはじめ、午前は出社して午後は在宅勤務にするなど、さまざまな勤務スタイルが推奨されている。終日であろうと半日であろうと、「在宅ワーク」をしていく上で欠かせないのが、快適に仕事ができる環境づくりだ。自宅でも効率的に仕事をこなすために、デスクやチェア、家電の選び方が重要となってくる。現在はさまざまな企業からテレワーク向けの家具や家電が販売されており、個々人のニーズに合ったものを購入しやすい。

 そこで今回は、ニトリ無印良品、アイリスオーヤマのテレワーク用品を紹介する。価格も考慮して選んだので、コストパフォーマンスの面も安心して参考にしてほしい(価格は税込み、各種情報は調査時点)。

ニトリはデスク&チェアのセット販売が便利

「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズでおなじみのニトリは、「システムデスクチェアセット」(2万1145円)と題したデスク&チェアのセットを販売している。このセットには、PCモニター台とデスクパネルも付属。PCモニター台は高さを調整できて見やすくなる上、台の下にスペースが生まれるので、デスク上をより広く使うことができる。

ニトリ、無印、アイリスオーヤマ…コスパ抜群のテレワーク用品&ベストな組み合わせを検証の画像2

 デスクに取り付けられるデスクパネルはスチール素材なので、マグネットでメモや資料を貼り付けることもできる。ほかにも、ペンケースや小物入れを貼り付ければ文房具の管理も簡単だ。テレワークであっても、ハサミやホッチキスなど文房具の使用頻度は意外と高い。そんなとき、目の前のパネルにひとまとめで収納できれば、使いたいときにすぐ使うことができる上、なくす心配も減るので安心だ。

 また、ニトリは場所をとりすぎない奥行きの「スリムデスク」をさまざまな素材で展開している。デスク上にノートPCくらいしか置かないのであれば、このサイズでも十分かもしれない。あらゆる部屋での使用を想定したラインナップになっているので、リビングの隅や寝室の角のスペースなどにもハマってくれることだろう。素材や色味という点でも、あらゆるインテリアや部屋のテイストと相性が良いはずだ。

ニトリ、無印、アイリスオーヤマ…コスパ抜群のテレワーク用品&ベストな組み合わせを検証の画像3

 スリムデスクでも大きいと感じたり、より価格を抑えたいという場合は、思い切って「折りたたみ式」のデスク&チェアを導入するのもおすすめだ。値段だけで見れば、デスクは「折りたたみデスク フレッタ コンパクト」が1212円、チェアは「折りたたみチェア コラット」が999円で最安値だった。合計しても2211円と驚異的に安く、エントリーモデルにもってこいだろう。

 しかし、座り心地や使い勝手は値段相応。今後もテレワークが長く続きそうであれば、せめてチェアくらいは体への負担が少ないものを選ぶことをおすすめする。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合