ジブリの凋落?最新作『アーヤと魔女』世界中で酷評…「低予算ユーチューブ動画」「ぶざま」の画像1
スタジオジブリ公式Twitterより

日本アニメを代表するトップブランド

「宮崎駿が長年にわたって築いてきた芸術性と物語の遺産は、語り尽くすことができない」

 映画監督の宮崎駿氏(80)をこう激賞しているのは、アメリカの代表的な老舗アート誌のひとつ「ARTnews」(21年3月24日付)。米アカデミー長編アニメ映画賞(02年)及び同名誉賞(14年)、そのほかベルリン国際映画祭金熊賞(02年)など無数の賞に輝く宮崎氏に対する海外の評価は、極めて高い。また彼が共同設立したスタジオジブリは、米映画批評サイト「ロッテン・トマト」などで多くの作品が高得点を得ている。

 アニメーション(animation)ではない「アニメ(anime)」、つまり日本アニメは国内で一般に知られてる以上に世界のサブカルチャーへの影響力が大きい。Netflixオリジナルアニメ『Yasuke ―ヤスケ―』にFlying LotusやThundercatらヒップホップやエレクトロニカ系の先鋭的なアーティストが参加するなど、ジャンルを越えた展開も注目を集めている。

「宮崎」と「ジブリ」の名は、世界でそんな日本アニメを代表するトップブランドだ。ところが今年に入って、約6年半ぶりの最新映画が英語圏のメディアでこれでもかとコキ下ろされている。その作品とは、ジブリ初の長編フル3DCG映画『アーヤと魔女』。監督は宮崎駿氏ではなく、息子の宮崎吾朗氏(54)だ。

「ぶざまなキリストのフレスコ画に等しい」

 特に評価が厳しいのは、映画批評サイトの「IndieWire」。2月5日付記事で、「このアニメは、あのぶざまなキリストのフレスコ画に等しい。あの大失敗はまだ人間の手触りが皮肉な魅力になっていたが、(『アーヤと魔女』には)それも欠けている」と酷評した。あの「フレスコ画」とは、12年に素人の悲惨な修復が世界で失笑されたスペインのキリスト像のことだ。そのほか「『アーヤと魔女』は愛せないキャラクターだらけの、醜くて中途半端な映画だ」(「engadget」2月12日付)、「アニメの批評家たちはPixarとジブリのどちらがより才能あるアニメスタジオか長く討論してきた(略)。だが後者が初のフルCG映画を作った今はもう、比較にならない。『アーヤと魔女』はほぼあらゆる面で劣っている(略)」(「Variety」1月31日付)など、手厳しい評価が並ぶ。

「低予算の子供向けYouTube動画」を彷彿?

『アーヤと魔女』の舞台は、現代より少し時代が遡ったイギリスと思われる田舎町。魔法を操る怪しげな中年男女に引き取られた孤児の少女アーヤが、喋る黒猫とともに奮闘を繰り広げる。原作者は宮崎駿氏監督の『ハウルの動く城』(04年)と同じイギリスのファンタジー作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合