NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

米政府、コロナ起源の調査を指示…中国・研究所からの流出説や人工的製造説、海外で議論に

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
米政府、コロナ起源の調査を指示…中国・研究所からの流出説や人工的製造説、海外で議論にの画像1
WHOのサイトより

 5月24日から世界保健機関(WHO)の年次総会が開催されている。当初は「台湾のオブザーバー参加を中国が拒否した」ことが話題になっていたが、その後、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の起源に関する論争がヒートアップしている。

 コロナの起源についてWHOは、3月末に公表した武漢調査報告書のなかで「動物から人間に感染した可能性が高く、武漢ウイルス研究所から流出した可能性は極めて低い」と結論付けたが、これを疑問視する声が高まっているのである。バイデン米大統領が5月26日、情報機関に対し「中国で最初に確認されたコロナの起源をめぐる調査報告を90日以内に行う」よう指示したことを明らかにした。バイデン大統領の政策スタッフは政権移行直後に、トランプ前政権下で非公表で行われていたコロナの起源に関する調査を中止させていた(5月28日付CNN)が、ここに来て方針転換を図ったのである。

 その理由は明らかになっていないが、SARSやMERSの起源が感染拡大から1年ほどで明らかになったのに対し、コロナの起源となる宿主(人に感染させた動物)がいまだに発見されていないことがその背景にあることは間違いない。

武漢ウイルス研究所

 トランプ政権時代に「武漢ウイルス研究所からの流出説」に否定的だった米国の専門家たちも、その可能性について言及し始めている。口火を切ったのはレッドフィールド米疾病対策センター(CDC)前所長である。3月末に公開されたCNNのインタビューで「新型コロナウイルスは中国の研究所で発生し、必ずしも意図的ではないが研究所から流出した」との見解を示した。2018年に同研究所を訪問した米国大使館の外交官が「研究所の安全運営に問題がある。コウモリのコロナウイルス研究はSARSのようなパンデミックを引き起こすリスクがある」と警告していたことが明らかになっている。

 5月に入るとワレンスキーCDC所長も議会の場で「武漢ウイルス研究所から流出した可能性がある」と証言している。このように専門家の間でコロナの自然発生説が力を失っている一方、「コロナは人為的につくられた証拠がある」と主張する専門家が出てきている(5月29日付英デイリー・メール)。ウイルス学者のダルグレイス氏(英国)とソーレンセン氏(ノルウェー)である。

 両氏は02年から19年までの武漢ウイルス研究所の実験結果を分析した結果、「武漢ウイルス研究所の研究者は、人に対するコウモリが保有するコロナウイルスの影響を研究する過程で、新型コロナウイルスをつくりだした」と結論付けている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合