「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像1
話題沸騰中の『丸亀うどん弁当』4種

 新型コロナウイルスの影響により、飲食店のテイクアウト需要が高まっているなか、「丸亀製麺」が4月13日からテイクアウトメニュー「丸亀うどん弁当」シリーズの販売を開始した。「丸亀製麺」では天ぷらのテイクアウトは昔から可能だったが、2020年5月27日から、うどん、いなり、トッピングなどのテイクアウト販売も行っている。

 そして今年4月、新たな試みとして定番のおかず類と、数種類の天ぷらやお肉が、うどんとセットになっている『丸亀うどん弁当』シリーズが販売されたというわけだ。

 弁当の種類は全部で4種類。販売が開始されてから、“普通にうどんやサイドメニューを購入するよりもコスパがいい!”と好意的な声が続々とあがっているが、“弁当の場合だと自分で好きな天ぷらが選べない……”といったやや否定的な声も散見された。

 そこで、実際に筆者が「丸亀うどん弁当」を4種類全て購入し、実食したうえで忌憚なくメリット・デメリットを報告したい(本稿は5月に行った取材に基づくものです)。

コスパの良さに思わず感動!

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像2
「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

 最初にご紹介するのは「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」。価格は税込390円。「丸亀うどん弁当」の4種類とも、うどんの麺の上には、天ぷらやおかずが、フィルムの上からではなくそのまま乗せられていた。麺の横には、うどんの汁を詰めたビニール袋が直置きされている。

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像3
このボリュームで税込390円

 まず、肝心のうどんは「冷ぶっかけうどん並」。ちなみに、うどんは4種類の弁当すべてに「冷ぶっかけうどん並」が使用されている。上に乗っている天ぷらは「野菜バラ天」「ちくわ磯辺天」の2種類。薬味の他に「きんぴらごぼう」「玉子焼き」が天ぷらとともに乗せられていた。このボリュームで税込390円は驚きのリーズナブルさ。

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像4
「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

 次にご紹介するのは「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」。価格は税込490円。

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像5
大きなえび天がポイント

 弁当の中には、税込390円の「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」に入っていた天ぷらの他に、容器の端から端まで届きそうなくらいの大きな「えび天」が入っており、かなり食べごたえがありそうな印象。

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像6
「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

 3つ目にご紹介するのは「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」。価格は税込620円(現在は販売終了)。

「丸亀うどん弁当」全4種を実食…驚異的コスパ&味&ボリュームと“意外な難点”の画像7
値段に比例してボリュームがすごい

「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」に入っていた内容にプラスして、「鶏もも天」が2つも入っている。この「鶏もも天」、1つずつがなり大きく、お皿に移す際、重量感を感じられた。4種のうどん弁当のなかで最もボリュームがあるため、食欲旺盛な若手ビジネスパーソンの方々などにうってつけだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合