マルチ商法で若者を食い潰す?事業家集団・環境…ライバー会長に黒い人脈について直撃の画像1
ライバー・飯田祐基会長(モテワンコンテストYouTube動画より)

 「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏が、架空請求や水増し請求があったとしてYouTuber事務所のライバーを相手に、詐欺罪で告訴することを表明。一方のライバーも、三崎氏がライバーの会長や従業員に対して不法・不当な行為があったとして、刑事事件として告訴を検討する泥沼の展開となっている。

 そんななか、SNS上ではライバーの飯田祐基会長の過去の“黒い人脈”に関する疑惑を指摘する声が増えている。

 疑惑の黒い人脈とは、“環境”という事業家集団だ。「起業セミナー」などの名目でイベントを開催して人を集め、実態はマルチ商法を行っていると指摘されている。被害に遭った人の声としては、「自己投資」と称して毎月15万円分のサプリの購入を強要される、団体が運営するシェアハウスに引っ越しをさせられ、そこで性被害に遭った、ネズミ講のようなマルチ商法を強要される、といった手口が多数みられる。

 その「環境」の関連団体であるとされるのが、「S-Collection」という会社だ。S-Collectionは2017年と2018年に「モテワンコンテスト」というイベントを開催しているが、そのイベントのプロモーション活動などを請け負っていたのが、飯田氏が経営していたテクサである。

 このモテワンコンテストは、実態がマルチ商法を推進するために開催されたと指摘する声がネット上で多数、上がった。その声を受けて、飯田氏はマルチ商法への関与を一切否定する声明を発表。だが、マルチ商法の被害拡大の一翼を担ったとして、飯田氏を批判する声は根強くある。今回、三崎氏とのトラブルが大きくなるにつれ、過去の飯田氏の人脈がクローズアップされて、ネット上で真偽のほどを問う声が高まっている。

 そこで、飯田氏及びライバーCEOの市川茂浩氏に話を聞いた。

――モテワンコンテストに関与することになった経緯を教えてください。

飯田氏 「モテワンコンテストを企画したT氏(仮名)とは2012年に出会い、コンテストサイトをやりたいとの相談を受けました。当時、ランキングサイト作成やプロモーション活動等を請け負っていたのですが、そのなかで2016年にコンテストサイトのイベントを幕張メッセで開けるとの話をT氏からもちかけられ、プロモーションや生配信などを手伝うことになりました。

 そのような業務委託的な関係が2年ほど続いたなか、ネット上でモテワンコンテストが『(環境の関連団体である)モデーアと関わりがある』との指摘が出てきたため、イベントの担当者を呼びつけ事実確認を行ったところ、『一切関わりがない』との説明を受けました。そしてコンテスト開催後、主催団体が『モデーアとは一切関わりがない』とするリリースを出しています。

 怪しさは残りましたが、その時点で翌年の『モテワンコンテスト2018』の仕事も受託して動き始めていたので、2018年のイベントについても最低限の業務は行い、その後は一切の取引を絶ちました」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合