NEW

ニトリ、日本全国を覆う…3千店体制に向け都心型小型店の出店攻勢、島忠買収で利益率低下

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

ニトリ、日本全国を覆う…3千店体制に向け都心型小型店の出店攻勢、島忠買収で利益率低下の画像1
ニトリの店舗

 家具・インテリア国内最大手ニトリホールディングス(HD)は35期連続の増収増益に向けて好発進した。

 2022年2月期第1四半期(21年3~5月)の連結決算は売上高が前年同期比24%増の2154億円、営業利益は15%増の427億円、純利益は14.1%増の291億円だった。四半期ベースで営業利益、純利益とも過去最高を更新した。コロナ禍の長期化で外出を控える消費者が住みやすさを求めて家具や家電を買い替える動きが底固かった。収納用品では自由に組み合わせられる壁面収納「Nポルダ」シリーズなど機能性の高い新商品が好調。洗濯機などは家庭向けの大きなサイズまで品揃えを拡大した効果が出た。外出自粛下、電子商取引(EC)も前年同期比16%増の195億円となった。

島忠との共同店舗で利益率を引き上げる

 20年12月、ホームセンター大手、島忠へのTOB(株式公開買い付け)が完了し、今年1月、子会社にした。決算の最大の注目点は島忠の業績が、全体にどう反映するかである。島忠の買収に伴い、セグメントをニトリ事業と島忠事業に分けた。ニトリ事業の第1四半期の売上高は前年同期比2%増の1779億円、営業利益は11%増の411億円。売上高営業利益率は23.1%と高い。

 今期から新しく加わった島忠の事業は売上高が377億円、営業利益は16億円。売上高営業利益率は4.2%にとどまる。仕入れ商品が中心の島忠は、PB(プライベートブランド)が9割を占めるニトリと比べると営業利益率は18.9ポイント低い。そのため全社の売上高営業利益率は19.8%と前年同期(21.4%)から1.6ポイント低下した。

 似鳥昭雄会長は前期(2021年2月期)の決算会見で、島忠とのシナジー創出に向けた道筋を説明した。「島忠の家具部門は赤字」と指摘し、島忠で扱う商品についてもPBを拡充し、利益率を改善させる。島忠の売上高経常利益率を5年で、およそ2倍の12%(20年8月期は6.6%)にアップさせる計画を打ち出した。

 その第1弾として6月11日、島忠との共同店舗「ニトリホームズ宮原店」をさいたま市にオープンした。「島忠・ホームズ宮原店」を改装した店で、ニトリと島忠のほぼすべての商品を取り扱う。1階はホームセンターで2階に机やソファなどニトリの家具を販売するコーナーを設けた。売り場面積は約1万1864平方メートルで、ホームセンター商品と家具など6万点以上を揃えた。

 今後、島忠が持つ60店舗を「ニトリホームズ」として再出発する。これまで島忠がない地域にも新規出店を計画しており、「ニトリホームズ」を全国規模に広げる考えだ。ただ、「島忠」としての出店は止める。当面、「島忠」の看板を掲げ、繁盛している店はそのまま維持する。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合