NEW

横浜市長選、菅首相退陣に直結…自民・総裁選含みの“党内政局化”、保守陣営が潰し合い

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

横浜市長選、菅首相退陣に直結…自民・総裁選含みの党内政局化、保守陣営が潰し合いの画像1
首相官邸のHPより

「横浜市始まって以来の大接戦だ」――。

 ある横浜市政関係者は、22日投開票の横浜市長選の情勢についてこう話す。史上最多の8人が立候補したこの選挙だが、菅義偉首相が全面支援する小此木八郎元国家公安委員長、現職の林文子市長、立憲民主党など野党の統一候補の山中竹春元横浜市立大学教授の3候補が激しく競り合っている。

 横浜市はこれまで保守の牙城で自民推薦候補が歴代有利とされてきたが、保守分裂選挙となった上に、横浜を地元とする菅首相が新型コロナウイルス対策などの失策を重ねるなかで支持率低下を招いていることも、野党に利する展開となっている。横浜市長選後の菅首相の求心力低下を見越した自民党内の反菅勢力と見られる動きもあり、誰が当選するか投開票までまったくわからない状況だ。

林市長は地元財界有力者の後ろ盾を強調し、小此木陣営は林支持者の票剥がしに注力する分裂選挙

 今回の横浜市長選は、これまでカジノを含めたIR推進の旗振り役の筆頭だった菅首相が、「誘致反対」を掲げる小此木氏を全面支援したことで保守分裂選挙となったことはすでに本サイトで詳報した。怪文書も飛び交う激しい選挙になっているが、12日ごろに報道関係者や横浜の地元関係者などに一斉に以下の「世論調査」がばらまかれた。

「横浜市長選

自民調査

(告示後 サンプル2000 補正後)

山中25.3

小此木24.6

林15.6」

 この調査の真偽や出元は不明だが、素直に読むと「自民党の調査」で立憲候補の山中氏が僅差で当選する勢いであり、小此木氏が林市長に大差を付けているという内容であるため、関係者の間で話題になった。ある自民党議員は「謎の世論調査が選挙で飛び交うなどごく普通で、騒ぐに値しない」とむべもないが、10日に朝日新聞が独自調査結果として「小此木氏がわずかな差で先行し、山中氏と林市長が激しく負う」と報じたことも考えると、あながち的外れな「調査」ともいえない。

 NHKが10日に発表した世論調査でも、菅政権の支持率がとうとう「魔の30%」を割り込む29%となったことも自民党の勢いを削いでいると考えられる。冒頭の横浜市政関係者は以下のように解説する。

「当初の予想よりも山中氏が非常に善戦していることは事実で、本当に結果が最後までわからない真剣勝負になっている。これまでの選挙と最も違う点は、保守が地元での主導権を失うかもしれないリスクを抱えてまで本気でやり合っているというところ。これまでも自民党は各地方で保守分裂選挙をやっていますが、それはあくまで自民党が選挙後の地元政権で影響力を行使できるという前提があってのこと。今回の選挙のようなケースでは山中氏が当選した場合、自民党は大きく影響力を失うことは間違いないはずで、自民サイドからすれば事前の話し合いによる候補の一本化や選挙途中での片方の『棄権』のようなやり方もあり得たはずなのですが、それがまったくない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合