NEW

菅首相、会見で“棒読み”すらできず…首相の“言い間違い”の重大さ、戦争に発展の可能性も

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

菅首相、会見で“棒読み”すらできず…首相の“言い間違い”の重大さ、戦争に発展の可能性もの画像1
首相官邸公式サイトより

「我が国および米国を含む国際社会は、アフガニスタン政府自身による国造りを後押しする前提のもとで、約20年間にわたり、アフガニ……スタンのこの、安定化と復興に向けて一体となって取り組んできました。

 今般、『タリバンの首都、カブール』への『にゅういき(入域)』によって、『カニ政権』はこれ機能しなくなりですね、タリバンへの権力移譲の流れとなりましたが、今後の『じょうねつ(情熱)』は依然として、情勢というのは不透明であるこのように思っています」(『』は編集部、発言ママ)

 17日に首相官邸で開かれた記者会見で、菅義偉首相は米ウォールストリートジャーナルのピーター・ランダース記者から「アフガニスタンでタリバンが政権を奪取したことについての日本政府の受け止め」を聞かれ、以上のような支離滅裂な答弁を行った。タリバンは「組織名」であり、「カブールは国家としてのアフガニスタンの首都」だ。軍事組織が首都を攻略したことを「入域」とは言わない。そして、アフガニスタンの国家元首はアシュラフ・ガニー大統領で、正しくは「カニ政権」ではなく「ガニー政権」だ。なお18日に首相官邸公式サイト上にアップされた会見録では、読み間違えは修正されて記載されている。上記のやり取りは実際の会見動画から書き起こした。

 会見は新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の拡大などについて説明をする趣旨の場であったものの、国際的な大問題となっているアフガニスタン情勢の受け止めが出るのは決して不自然なものではないだろう。想定問答集の原稿通りに読んでいれば、このような間違いはないはずだが……。

”原稿棒読み”がTwitterトレンドに

 冒頭のやり取り以外にも、この日の菅首相の会見は精彩を欠いた。緊急事態宣言に関しては抑揚のない口調で、プロンプターの原稿を棒読みしているかのように同じ説明を繰り返した。この模様を受け、18日午前には「原稿棒読み」がTwitterのトレンドに入った。

 会見で注目を集めたのは、菅首相の棒読みに業を煮やした中国新聞(広島市)だった。先週末から今週にかけて豪雨災害の甚大な被害にあった広島市内の避難所での感染対策とあわせて、以下のように質問した。

「緊急時は総理の分かりやすいメッセージが求められているが、今回の会見もそうだが、原稿の棒読みところがこれまでも指摘されている。分かりやすく国民に伝えることが求められている中で、広島での原爆の日の式典でのあいさつの読み飛ばしもありましたが、どのように政治のメッセージを伝えていくのかお伺いさせてください」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合