NEW

『スッキリ』アイヌ差別検証番組、決定的に欠けていた点…局内で「何が差別表現に当たるか」認識薄らぐ

協力=水島宏明/上智大学文学部新聞学科教授<テレビ報道論>
【この記事のキーワード】

, ,

『スッキリ』アイヌ差別検証番組、決定的に欠けていた点…局内で「何が差別表現に当たるか」認識薄らぐの画像1
日本テレビ系『スッキリ』公式サイトより

 今年3月に日本テレビ系の情報番組『スッキリ』でアイヌ民族に対する差別表現が放送されて社会的な批判を受けていた問題で8月26日(木)、同番組は「検証コーナー」(検証番組)として「『スッキリ』アイヌ民族差別発言 放送経緯のご報告」を放送した。この検証番組は適切なものだったのか。日本テレビの報道局でドキュメンタリー制作と解説キャスターを経験し、現在、上智大学で「テレビ報道」について教鞭をとっている水島宏明教授に話を聞いた。

――全体的な印象は?

水島氏 放送局はBPO(放送倫理・番組向上機構)に審議されて「放送倫理違反」と結論づけられるような不祥事になると、なぜその不祥事が起きてしまったのかを自分たち自身で検証して、二度と同じことが起きないように再発防止の方策を取ることを求められます。

 これがBPOの公式ホームページの冒頭にも書かれている「放送界の自律と放送の質の向上」を促すという考え方です。

 その意味では「検証コーナー」そのものは、一般の視聴者にもわかりやすく制作するというよりは、BPOの委員たちに対して「自分たちはこんなに反省しています」「原因についてはこんなふうに自己点検しています」「再発防止策について考えていることは、こんな方法です」ということを示すためのものという意味合いが強いといえます。このため、どうしても堅苦しい印象になりがちで、BPOを強く意識し、どちらかというと放送業界の内輪向けのセレモニーのような面があります。

 放送局でこうした不祥事があるたびに、どの局でも検証番組の放送を行うものですが、今回のアイヌ差別をめぐる検証コーナーは、この種の番組としては誠実さと真剣さを感じさせる内容になっていると感じました。一方で、私から見ても、もの足りないと強く思うところもありました。

――冒頭から最後まで頭を深々と下げる場面が多く、「セレモニーなのでは?」という批判もあります。

水島氏 この問題では当時の社長などがさまざまな場ですでに頭を下げています。ただし、それはアイヌ民族の関係者であったり、報道陣であったりで、視聴者を相手に公式に謝罪するのは今回が初めてのことです。問題の番組を放送したその番組の中で局の責任者である執行役員が反省して謝罪で頭を下げるという意味では、視聴者へのお詫びというセレモニー的な要素がどうしてもあったと思います。これも内輪の理屈といわれればその通りですが。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合