NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

今冬ヤフオクが対応始める「NFT」が無限のビジネスチャンスを秘めているという話

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】, ,
今冬ヤフオクが対応始める「NFT」が無限のビジネスチャンスを秘めているという話の画像1
NFT売買サイト「OpenSea」

 新しい投資商品としてNFTが話題になっています。デジタルアートや音楽、写真から動画まで、コピーしやすいデジタルコンテンツに対して本物であることを認めるのがNFTです。NFTはブロックチェーン技術でその真贋が守られるので安心だというのですが、その一方で「わかりにくい」ともいわれています。

 とはいえ「NFTによって認証されたツイッター創業者の世界初のツイート」というよくわけがわからない商品が3億円超で落札されるなど、世間にはNFTに対する認知が広がっています。子どもが夏休みの宿題で作ったピクセルアートが380万円で売れたというニュースが話題になるなど、やや過熱気味のNFT市場、これからいったいどうなるのでしょうか?

 NFTを一過性のブームだと勘繰る向きもありますが、実はNFTにはデジタル商品の未来を良い方向に変える大きな可能性があります。今回の記事では、その「良いほうの可能性」について語ってみたいと思います。「デジタルなんていくらでもコピーできるから、NFTなんて価値がないよ」と思うかもしれませんが、そうでもないという話です。

おもしろい「デジタル著作権の未来」

 たとえば音楽CD。コピーしたものを手に入れられることは、みんな知っていますが、好きなアーティストの音楽について違法ファイルと公式なCDが売られていたら、多くの人は公式なCDを買います。その理由は、違法ファイルはNGだという社会ルールがきちんと広まっているからです。

 最近だとCDを買わずに音楽はダウンロードで買うようになりました。実用的な違いはないはずですが、違法な海賊版サイトからではなくアマゾンやアップルからダウンロードするのが当たり前だと私たちが考えるのも、社会全体のルールとしてそれが正しいと考えているからです。

 さて、ここで電子書籍を考えてみます。アマゾンで電子書籍を買うのは便利ですが、実は紙の本と比べて不便な点がひとつあります。読み終わったときに古本屋に売れないのです。アマゾンで買う電子書籍はその利用料を支払っているわけで、実は所有権を買ったわけではありません。

 しかし、論理的には中古として転売可能な公式の電子書籍があってもいいかもしれません。それを可能にする技術がNFTなのです。音楽ファイルでも電子書籍でもデジタルアートでもミュージックビデオでも、デジタルならなんでもいいのですが、その所有権を認め、かつそれを他人に譲ったとしても公式商品であることを認める技術がNFTなのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合